【ぞうしがや こどもステーション】

8/20(日)は「世界のフォークロアを歌おう」の3回目でした。

最初は、一人ひとつ打楽器を持ってリズムを叩きながら、ペアで言葉あそびをしました。
おもしろい造語も出てきて一同大笑い。

さあ、今月の新しい歌を紹介します!
まずは「Amazing grace」、いろいろな歌手が歌っているので
一度は聞いたことがあると思います。
それから、港さんのオリジナル曲「ともだちはインディアン」
これは小学生と一緒に作った歌なんです!

「Amazing grace」は歌詞が英語なので、まずはギターに合わせて
ラ・ラ・ラで歌いました。そして英語にもチャレンジ!
何度も聞いていると英語がわからなくても耳から覚えてしまいます。
それから、みんなの歌うラ・ラ・ラのメロディーに合わせて、
港さんがアレンジしたメロディーを重ねて歌うと、なんとも素敵な一曲に!
歌は聞くだけではなくて、やっぱり歌うのも楽しい!と感じる時間でした。

二曲目の「ともだちはインディアン」

歌う前に、この歌の背景となる国を地球儀で探しました。
港さんの話に子どもたちも興味津々で夢中になって地球儀を覗きこんでいます。
曲の間奏では、歌詞に出てくるハリネズミ、うさぎ、ミシシッピワニなど
いろいろな動物になって動いてみました。
打楽器も自由に鳴らして、にぎやかな歌になりました!


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

今日8/6は「入手杏奈の親子でからだあそび」の3回目でした!

最初は座ってじっくりと自分のからだと向き合いました。
足の裏をもんで温めたら指をグーチョキパーに開いてみたり、
耳につけて電話のようにしてみたり。(これは体の柔らかい子どもたちが得意!)
親子がペアになって体をほぐしたりもしました。

そのあとは、いろいろな動きに挑戦!


例えば、親子ペアになって「鏡」の動き。片方の人の動きを、もう片方の人が真似します。
高さやスピードを変えると、どんどんおもしろい動きが出てきました。
子どもから出る予想もしないポーズに、お母さんたちはやりながら思わず笑っていました。

最後は前回もやってみた、振り付けのダンス!
自由ポーズの部分では、「なるべく人と違うポーズをやってみよう」と
入手さんがアドバイスすると、みんな体や表情を変えて、それぞれのポーズで表現していました。


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/16(日)は「入手杏奈の親子でからだあそび」の2回目でした!
 
前半は、手と手、背中と背中を合わせて親子ペアになって動いたり、
時には親子がバラバラになったりして、いろいろな動きをしながらあそんでいきました。
大人も子どもも、他の参加者同士も混ざり合って楽しみました!
後半は、ギロやシェイカー、スライドホイッスルなど楽器の音を聞いて、それに合わせて自由に動いてみました。
「ぴゅ~」という音のときはしぼんだ風船のように。
「シャッ シャッ」と聞こえたらジャンプして。
それぞれ思い思いの動きが出てきました。
 
最後は、振り付けを覚えて曲に合わせて踊りました!
「合わせて インド」「しゅりけん」などなど、動きに合わせた言葉を入手さんと一緒に
子どもたちも言いながら楽しそうに踊っているのが印象的でした。
———————————————-
ぞうしがや こどもステーション
7/9(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」の2回目でした!
 
たくさんの楽器が並んで、始まる前からすでに子どもたちによる楽団がスタートしていました。
最初は、からだで音を出してみよう!と片岡さんが言うと、
足と足でたたいてみたり、ほっぺたをたたいてみたり。
子どもたちから、いろいろなアイディアが出たので、みんなで真似してみました。
おもしろかったのは、みんなで空気をたたいてみたこと!
耳をよーく澄ませて聞きました。
そのあとは、楽器タイム!
片岡さんのたたく太鼓のリズムに合わせて、時にはお祭りのようになったり、
ゆったりしたピアノにタッチベルがなったりと、楽しい即興の音楽が満載でした。
———————————–
ぞうしがや こどもステーション

7/2(日)は「港大尋と世界のフォークロアを歌おう」の2回目でした!

始まる前から鉄筋や木琴、トイピアノなどの楽器が並んで、楽しそうな子どもたち。
円になり自己紹介から始まると、前回歌った「ずいずいずっころばし」を全員でやってみました。

まず今日歌ったのは、韓国の民謡「アリラン」
「アリラン アリラン アラリヨ~」の部分は繰り返し出てくるので、初めて歌う子どもたちもだんだんと声が大きくなっていったのが印象的でした。
慣れてくると、今度は親子で1フレーズを担当することに!
からだをゆらしてリズムをとりながら、一緒に歌いました。

次は、沖縄の歌「てぃんさぐぬ花」
港さんが歌詞の意味を説明したり、沖縄の方言にはエとオの母音がなかったことを話すと、子どもも大人も興味深々。
ギターのゆったりとした音に合わせて歌うこの曲は
夏にぴったりで、心地いいメロディーでした。

 


ぞうしがや こどもステーション

https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6/25(日)は「港大尋と世界のフォークロアを歌おう」の一回目でした!

円になって自己紹介から始まり、港さんが弾くブルースのギターにのせて名前を歌にしてみたり、それを真似して歌ってみたりしました。自然と手拍子が起こり、からだを揺らしたくなるような自己紹介の歌でした。即興ですが、参加者のみなさんからいろいろなリズムや歌詞が出てきて、笑いが絶えなかったです。

後半は手遊びうた「ずいずいずっころばし」、そして「あめふり」を歌いました。子どもたちのアイディアで、降るのが「雨」ではなくて、台風にしたり雪にしたり、「かあさん」を名前に変えてみたりと、歌詞を変えながら歌いました。

 

SONY DSC


ぞうしがや こどもステーション

https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

 

6/11は「片岡祐介と、あそび楽団!」の第1回目でした!

太鼓や鉄琴、シェーカーなどたくさんの楽器が並び、みんなで好きな音を鳴らしてあそぶ一時間でした。

時には、低音の効いたリズムの曲が生まれたり、ピアノに合いの手のラッパが入ったり、片岡さんの弾くノリノリのピアノにのって鈴やシェーカーを持って踊ったり…そこに子どもたちの笑い声が加わって、とても楽しい楽団となりました。

みんな偶然に持った楽器で即興でできた曲ですが、片岡さん曰く「偶然は必然」だそうです!

次はどんな楽団の、どんな曲が生まれるのか、楽しみです。

——————————————————–——————————————————–
ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6/4は「入手杏奈の親子でからだあそび」の第1回目でした!

たくさんの親子にご来場いただきました。
親子で一緒にからだを動かしたり、参加者同士で動いてみたり。写真のように、みんなで一つの輪になってバランスをとってみる動きもしました。

お友だちのアイディアを取り入れて、ジャンプ!
いろんなジャンプが出てきましたよ。