4/24(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!

今日は、俳優さんたち3人によるえほんの会です。
たくさんの絵本、紙芝居が登場しました。

まずは自己紹介をしたら、からだをほぐすことから!
親子でからだのあちこちをくすぐっていきます。

「ひっぱる」がキーワードの物語では、
登場人物たちが紐をひっぱると次々にいろんなものが出てきます。
みんなも物語の中にとびこんで、一緒にひっぱってみました。
全員で一生懸命ひっぱったら出てきたのは・・・
なんと太陽!予想外の展開に、みんな「お~!」と驚いていました。

思いがけず、地球の裏側のメキシコに行ってしまうお話では、
ソンブレロを被ったメキシコの人が登場!ひげもモジャモジャ生えていて、なんだかおもしろいキャラクターです。

最後は、途中のお話で出てきた折り紙の「金魚すくい」をプレゼント!
子どもたちは嬉しそうに、早速金魚すくいに挑戦していました。

次回のえほんの会もお楽しみに!


ぞうしがや こどもステーション

4/18(日)は「岩渕貞太のからだでおしゃべり」でした!

今日は朝から気持ちのいい風が通る晴れの日!
お父さんの参加も多いワークショップでした。

まずは、ダンサーの岩渕さんの真似からスタート。
いろんなポーズや動きをみんなよく見て、瞬時にからだを変えています。
ちょっとおかしなポーズでは、クスクス笑いも起きました。


「今日は言葉じゃなくて、からだでおしゃべりをしてみましょう。」という岩渕さん。
相手がどんなふうにしたいと思っているか、見たり、感じ取ったりしていきます。

ひもを使った動きでは、どちらがリードしていくかを決めて、
言葉なしで動いていきました。
引っぱりあったり、輪をつくってくぐったり、ひもで形をつくっていったり・・・
岩渕さんとアシスタントの関かおりさんの見本を見てから動いてみると、次々に新しい動きが出てきました。
気が付いたら、ひもが合体して大きな風車のように!

相手を粘土のようにこねて、かたちをつくる動きにも挑戦!
指先を一本いっぽん繊細に作ることもあれば、上体を大きく変えて粘土を立ち上がらせることも!
子どもたちは粘土になるのも、つくるのも、真剣でした。そして、“大人粘土”をこねるのもとても楽しそうでした。

次回の「からだでおしゃべり」もお楽しみに!


ぞうしがや こどもステーション

9/26(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!

えぽんずのヒーコさん、カーコさんと一緒に、からだを動かしたり、手作りシェイカーを鳴らして参加したり、いろんな物語の中であそびました。

ポケットが登場人物の物語では、会場のあっちこっちにポケットが出かけました!木にひっかかったポケットに、鳥がやってきて・・・

このあと、このポケットは子どもたちのところにも遊びに来たのでした。

この日は、えぽんずさんが描いてくれた絵がこんなにいっぱい!参加している皆さんも、この登場人物の動物になる場面がありました。

次はどんな物語に出会えるかな?お楽しみに!


ぞうしがや こどもステーション 

https://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

9/22(火祝)は「さくちゃんと親子でうたおう!」でした。

今日は、アーティストの小津準策さんがつくった「もりのなか」という
オリジナル曲を歌いました!

森のなかで出会う、いろいろな動物の鳴き声を子どもたちと
コール&レスポンスで歌っていきます。
ライオンの部分では、ライオンとして歌う人、ライオンを恐がる人、
というように、自分の好きなように鳴き声を歌いました。
森の中でライオンに合ったら、そりゃびっくりしますもんね!

楽器を持って、歌いながら鳴らしたり、散歩をしているように動いたり、
知ってる曲もはじめての曲も、ピアノの音をからだで感じて楽しみました!


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

9/6(日)は「岩渕貞太のからだでおしゃべり」でした!

今日も親子で、からだを使ったおしゃべり=コミュニケーションをたくさん楽しみました。言葉を使わない分、相手の動きや表情をよく見ながら、ペアワークをしていきます。

まずは、アーティストの岩渕貞太さん、アシスタントの関かおりさんが、見本の動きをやってみると、子どもたちはその動きをじっと見つめて、時には笑いが起きます。

「鏡」の動きでは、親子ペアが向かい合って、一人が鏡の前にいる人、もう一人が鏡に映った人にチャレンジ!

寝っ転がったり、距離が離れたり近くなったり、「そんな動きできないよ~!」とつい声が出てしまうことも!

ひもを使ったペアワークでは、一本のひもを通して相手がどんな動きをしたいと思っているのかを想像しながらあそびます。

引っ張ってみる。巻きつけてみる。ひもの上を綱渡り状態で歩いてみる。

誰かの上をひもが通り越していったり、思わず手から離れてしまったり、ペアで持つと思いがけない動きが出てきて、大笑い!

最後はひもが増えていって、アーティストも加わりながら部屋を大きく使って動きました。



ぞうしがや こどもステーション

8/29(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!

今日は真夏の太陽と暑さの残る中、夏祭りや秋を感じる内容が盛りだくさんでした!

ほおずきをテーマにした絵本では、本物のほおずきが登場しました。

ほおずきを開くと中に種が!子どもたちの視線がくぎ付けです。今度は自分たちがほおずきになったつもりで、えぽんずさんと一緒にいろんな動きをやってみました。

夏祭りタイムもありました!なんと、金魚すくいをしたり・・・

盆踊りの音に合わせて踊ってみたり・・・

太鼓やウクレレ、スティールパン、ピアノなど、たくさんの生演奏と一緒に楽しむえほんの会でした!


ぞうしがや こどもステーション 

8/16(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

久しぶりのこどもステーションでのプログラム。少人数でゆったりと、いろんな音や楽器にふれる時間でした。

まずは、片岡さんの掛け声で手をたたきます!

「よ~っ! パン!!」日本人ならこの感覚、いつの間にか体に染み込んでいますが、海外だと「何秒後に手を叩くの?」と聞かれてしまうんだそうです。

タッタカ タッタカ・・・そのうちに太鼓のリズムが加わって、音に合わせて手を叩いていると、自然と身体も動いてきます。

すると、子どもたちのピアノを弾きたそうな様子に、「ピアノ弾く?」と片岡さん。子どもたちの嬉しそうな顔!いつも大人気のピアノ連弾にも挑戦しました!

後半は、打楽器やベルなどいろいろな楽器を出して、即興演奏タイム。

子どもたちは、ピアノや太鼓を奏でる片岡さんの近くで演奏したいみたいで、音を聴いたり感じたりしながら演奏していました。

暑い中、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

次のプログラムは8/29(土)読んで遊んでえほんの会です。レポートをお楽しみに!


ぞうしがや こどもステーション https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

7/5(日)の親子で楽しむえんげきシアターは、演劇ユニット・へんてこドロップによるお芝居&ものづくりワークショップ「ブレーメンのおんがくたい」でした。

今回のものづくりワークショップは「どうぶつフェイスシールドづくり」です。

クリアファイルを切って、マジックやマスキングテープで飾り付け。好きな動物を作ります。ねこ、うさぎ、りす、とら、しまうま、、いろんな動物ができました!

フェイスシールドをつけて大人も子どもも動物になったら、いよいよお芝居のはじまり・・・

子どもたちはボールやトマト缶をたたきながら、
ブレーメンの町に向かうロバ、いぬ、ねこ、にわとりの旅を一緒に応援します。

最後は会場のみんなで動物たちの奏でる楽しい音楽を一緒に演奏して盛り上がりました!

ご来場いただいたみなさま、あたたかいご声援、本当にありがとうございました。


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

2/9(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

「今日はこんな楽器を用意しました」と片岡さん。
出てきたのは、ビニール袋。。
なんと、ビニール袋を使った音あそびからスタートしました!

ビニールをこすったり、掛け声にあわせて伸ばしたりするときに出る
音に、子どもたちから笑い声が。
今度は口に当てて音をだしてみます。
参加者の親子もビニール袋でいろんな音を探りました。
片岡さんが指揮者になって、即興ビニール演奏!


 

 

 

 

 

 

後半は、お待ちかねの楽器タイム!
スティールパンに、木琴、トイピアノ、ボンゴなど
お気に入りの楽器をたくさん奏でていきます。
片岡さんによるピアノのメロディーや太鼓のリズムに
のせて、いまここにある音を感じながら
今日も即興演奏を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

2/2(日)の親子で楽しむえんげきシアターは、演劇ユニット・へんてこドロップによるお芝居&ものづくりワークショップ「えんぴつ太郎のぼうけん」でした。

今回のものづくりワークショップは「ぶたのパペットづくり」です。巾着袋にカラフルなフェルトや毛糸で飾り付けをしてぶたの人形を作ります。

袋の中に手を入れると、、、ぶたのパペットが元気に動き出しました。

お芝居が始まる前に、みんなでパペットを動かしてこぶたのダンスを練習したら、いよいよお芝居のはじまり。


お芝居には、片づけてもらえずに机の後ろに落ちてしまった文房具やおもちゃが登場します。クローゼットの奥に忘れられて泣いていたぶたの指人形「ぶーちゃん」の思いを持ち主の男の子に届けるため、がんばるえんぴつ太郎の姿に、思わず手に汗を握る冒険のストーリーでした。

最後は会場の子どもたちのパペットも、舞台のぶーちゃんと一緒に、踊って、回って、飛んで、ポーズ!!

次回のえんげきシアターは、3月28日(土)テーブルシアター『三びきのやぎのがらがらどん』と『土神と狐』です。お楽しみに!


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/