9/29(土)はスペシャルプログラム「歌って、鳴らして、動いて、みんなであそぼう」
でした。
レギュラークラスの4組のアーティストが勢ぞろい!
あいにくの雨でしたが、たくさんの親子が参加してくれました。

アーティストパフォーマンスからスタートしたプログラム。
照明が変わってギターやコントラバスの生演奏が入ると、空気が一気に変わります。
参加者と近い距離でのダンスは子どもも大人もぐっと集中して見ていました。
歌が始まると、曲にのってみんなで手拍子!賑やかな歌&ダンスの時間となりました。

 

 

 

 

 

前半はそれぞれのレギュラークラスをちょっとずつ体験!

「ダンスのクラス」のアーティストは入手杏奈さん。
オープニングで歌った曲で踊りました。
「雨ごい 雨ごい ヘイヘイヘイ」と、アーティストの動きを
真似してみんな楽しそうです。

 

 

 

 

 

「うたのクラス」は、港大尋さん。

ダンスで踊った、雨にまつわるオリジナルの歌「made in rain」は港さんの曲です。
早口言葉のような「バッタ」の曲も、港さんのギターと合わせてノリノリで歌いました。
バッタ カッタ
バッタ クッタ
バッタ ケッタ

入手さんのコミカルな動きも入り、会場が笑いに包まれました。

 

 

 

 

 

「えほんの会」は、えぽんずさん。

参加者を囲んでバッタが登場する絵本の世界が広がっていきます。
ときには、お母さんの即興の参加も!
演奏も入っていて、えんげきを見ているようでした。

 

 

 

 

 

「即興演奏」は、ギターリストの澤和幸さん。

太鼓や木琴、シェイカーなどの楽器をみんなに配って自由に音を鳴らして楽しんでから、
リズムを重ねて演奏しました。
お母さんの膝の上に座って一緒に楽器を鳴らす赤ちゃんもいました。

 

 

 

 

 

後半は、「雨」をテーマにした絵本を使って、
ダンスも、演奏も、歌も、全員で楽しみました!
全部は紹介しきれないので、写真で様子をお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参加してくださった皆様、ありがとうございました!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

2/24(土)はスペシャルワークショップ
「歌って、鳴らして、動いて、みんなであそぼう」でした!

月1回おこなっている「うた」「即興演奏」「からだあそび」「えほんの会」
の4組のアーティストが勢ぞろいして、それぞれのプログラムを体験していく
スペシャルデーです!

まずは「からだあそび」からスタート。
からだをほぐしたあとは、楽器の音に合わせて動いたり止まったりしました。
「音をよく聞いて動いてみよう」と入手さんがアドバイスすると、参加者のみなさんは
ピアノの音に耳をすまし、ゆっくり動いたり、リズムにのって跳んだりと、
音に反応してどんどん動きを変えていきました。

 

「ミニえほんの会」では、
おじいさん役になって登場したえぽんずさんに、釘付けの子どもたち。
登場人物をやりたい子どもたちが次々に出てきて、
絵本の中の動きを手伝ってくれました。
最後は、赤ちゃんからお父さんまで、参加者のみなさんに協力してもらい、
一つの長い長い列を作って全員で絵本の物語に飛び込みました!

 

「うた」はコール&レスポンスから始まりました。
港さんの真似をして歌ったり、質問に答えたり。
「何の食べ物が好き?」という港さんに、
子どもたちがその質問を歌で返すので、すごい!
後半は、アーティストの生演奏にのせて、
沖縄の歌「花」をゆったりと歌いました。

 

「即興演奏」
シェイカーや鈴、トイピアノ、木琴などを配って、
生まれた月ごとに音を鳴らしていきました。
片岡さんのが弾くピアノの「かえるのうた」のメロディーやリズムにのって、
自由に楽器を鳴らしました。途中で「ぞうしがや こどもステーション!」という
リズムをみんなで合わせていくと、だんだんと力強い演奏に!

 

「アーティストによるパフォーマンス!」
港さんの演奏と歌、片岡さんの演奏、そして入手さんのダンスの
即興パフォーマンスです。
照明も入り、迫力のある3人のパフォーマンスに会場中が
惹き込まれました。

 

「みんなでいっしょにやってみよう」
港さんのオリジナル曲「ともだちはインディアン」の歌に合わせて
踊り、間奏ではシェイカーをもって自由に演奏しました。
途中でいろいろな人に握手するところがあり、みんなが入り混じって
子どもも大人たちも笑顔で歌い踊り演奏している姿が印象的でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/