曇天で、思いのほか気温が上がらなかった日曜日、畑仕事にはちょうどいいお天気の中、グリグリのワークデーを行いました。新メンバーの方々も数回参加して雰囲気に慣れ、メンバー同士のつながりの広がりを実感する一日となりました。誰が誰の子どもで、誰が誰のお母さんお父さんか分からないような、みんなが一つの家族のようになっていけば良いなと思います。
さて、この日はまずさつまいもの苗を植えることから始まりました。4月16日の畑体験で植えてもらったクローバーが茂る土をクローバーごと耕して、紅小町(甘味が強く、美味しい!)と、紫芋パープルスイートロード(中が紫でお菓子の材料として大人気!)という二種類を植えました。

そのあとは、畑の手入れを行いながら、ピーマンやナス、ワイルドストロベリーにアスパラガス、バジル、サニーレタスなどを収穫しました。お昼にはドレッシングも作ってサラダにして食べました。

そして、午後からは「みどりのカーテン」を作りました。カブさんによって白い水玉がペイントが施された鉢に、お母さん方の「かわいい~!」の声が飛び交いました。子どもたちは、美味しい土を作るのに大活躍で、去年使った土に、バーミキュライト、腐葉土、馬のたい肥を入れてみんなで混ぜました。鉢にはビーナスライトを敷き、子どもたちの作った土に培養土も混ぜました。みんなで一緒に植えた苗は、オバケトケイソウ、トケイソウ、ナツユキカヅラ、スネイルフラワー、琉球アサガオ、西洋アサガオです。どんな「みどりのカーテン」になっていくのか楽しみです。

一方、お父さんチームは「みどりのカーテン」に欠かせないネットを抑えるための土のう作りに大活躍でした。ベランダから屋上にかけてネットを張るため、土を詰めて屋上に運ぶという重労働で、お父さんなしには成し得ない作業でした!

そしてそんな「みどりのカーテン」づくりは、6月18日(土)に一般の方の参加も可能なワークショップを行います。植物の成長をサポートするキラキラ光る作品を作る造形ワークショップに、タネのプレゼントもご用意して、親子で、お友達と、などなど皆様の参加をお待ちしています!
(申込方法など詳細はこちらへ→『光のつぶを集めよう』 ~キラキラ!みどりのカーテンづくり~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation