080712 004a.jpg
梅雨などふっとぶような暑い、暑い土曜日に、グリグリの石窯つくりがスタートしました。今日はまず石窯の土台つくりです。にしすがも創造舎の補修工事全般を請け負ってくださっている新協建設工業㈱の方が、ご厚意で手伝いに来てくれました。コンクリートも、モルタルも混ぜるのは初体験の私たちでは、何をどうするのかさっぱりわからず、ほとんど職人さん任せ…。子どもも大人も、初めて目の前で見る水準機を「のぞいてみたい~」とおねだりしたり、コンクリートを混ぜながら「ホットケーキみたい~」とコメントしたり、ほとんど役立たずだったかもしれませんが、単純作業の労働力としてはそこそこがんばりました。
080712 023a.jpg


作業の内容は、小さな家を建てているみたいで本当にプロの仕事でした。職人さんは見事な手仕事でさくさくと作業をこなしてくださり、完璧な土台が仕上がりました。
080712 031a.jpg080712 034a.jpg080712 047a.jpg
作業が終わったあとは涼しい室内に戻って休憩しながら、8月に計画しているイベント「畑@校庭まるごと体感デー」の出し物について相談しました。
子どもと、親と、近所のおねえさんとおばさまが、同じ時間を共有していることが当たり前のようになっているグリグリですが、現代では実はすごくレアなこと。特別何か大きな目的にむかって集まっているのではなく、何となくのんびりと畑をつくったり、採れた野菜を食べたり、ピザを焼いて食べたりという「普通の日常」を多世代が共有できることの心地よさが、だんだんと出てきたグリグリです。夕方作業に疲れた頃をみはからって、赤シソジュースを差し入れしてくれたKさんの心づいに感謝!!
080712 053a.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation