12/16(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

これは何という楽器か知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

「スティールパン」です!

カリブ海に浮かぶ島、トリニダード・トバゴという国で、
ドラム缶からうまれた楽器なんです。
どこか海をイメージさせるような、独特な音色と響き。
ぞうしがや こどもステーションに初登場しました!

今日はスティールパンのように、鉄琴や木琴、トイピアノなど
メロディーがある楽器を中心に即興演奏をしました。

まずは、雨をイメージして音を鳴らすことに!
最初は、雨粒がポツポツ。
だんだん雨が強くなると、傘をさす片岡さん。
音の雨がシャワーのようにきれいに聴こえました!
そして、だんだん雨がなくなって晴れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

後半は、サンバのリズムで演奏!

太鼓のリズムはなんと、「いっしょう かかって じてんしゃ かった」
読みながら手を打ってみてください。サンバのリズムになってるはずですよ!

お祭りのような賑やかな演奏で楽しんだあそび楽団でした!

 

 

 

 

 

 

 


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation