街中がイルミネーションでキラキラ輝くこの季節、12月のグリグリワークデーは、畑活動に加えてクリスマス会も行いました。
まず午前中は畑の手入れです。先週緑のカーテンの植物を冬用に植え代えたので、カブさんが作ってくれた立札に子どもたちが植物の名前を書いていきました。キラキラの星が添えられて、花たちもより可愛らしく見えます。

その間、やんちゃな男の子たちはイモリを捕まえてきました!随分大きなイモリで何となく愛らしく、子どもたちの自慢げな顔に思わずシャッターを押してしまいました。

さて、畑の方では、秋の終わりに植えた野菜たちの間引きを行いました。春菊、日野菜、ほうれん草にラディッシュなどぎっしり若葉が育っているので、たくさん間引きをして、間引いたものはサラダの材料にしました。ラディッシュは既に大きく育っているものもあり美味しそうでした。

そうしているうちに、クリスマス会のメインディッシュ、ターキーが登場しました!今年は7kgのターキーを用意、石釜係もベテランの方にお願いして、万全の態勢で挑みました。みんなも作業の手を止めてワラワラと石釜の周りに集まりターキーの行方を見守ります。しっかり中まで火が通るように、見事に蒔で閉じられていく石釜を見つめていました。

他方パパさんチームは、せっせと柵作りをしていました。ニスを塗ってペンキを塗って、グリーン&ピンクの、グリグリらしい柵が次々にできていきました。子どもも一人前にのこぎりを使って作業に参加です。

間引きが終わった子どもたちは、何か仕事はないかと探して、ニラの種の収穫や、バラのアーチの周りにいつの間にか育っていた人参を収穫しました。

時には青虫を観察して日記に書きとめたり、ず~っと石釜の番をしている子がいたり、子どもたちもそれぞれのやりたい事を見つけて取り組んでいました。はつか大根を植えた男の子は、「はつか3兄弟」なんて可愛い立札を立てていたり…

日が傾き始める頃にはクリスマスの飾り付けも始まります。カモカフェのスタッフも一緒に、ライトを飾ったり、おもちゃかぼちゃを使って素敵な飾りを付けてくれました。猿のように身軽な男の子たちも手伝って、教室もモールでキラキラになっていきます。

クッキング部隊は、パスタにパエリア、ピザなどなど、お母さんたちが大活躍です。包丁の使い方を教えてもらったり、ピザの具を乗せたり、もちろん子どもたちも手伝います。

気付けばあっという間に日も沈み、クリスマス会が始まる頃には本当にたくさんの方が来てくれました。久しぶりに会うメンバーとの話もはずみます。出来あがったターキーは一瞬で無くなりましたが、それもそのはず、本当に柔らかくて美味しかったです!パスタやパエリアも大好評で、ボーっとしていると食べ損ねてしまうくらいでした。

お待ちかねのプレゼント交換では、大きな円を作り、歌に合わせてプレゼントを横の人に回していきます。子どもたちからの「もう1曲」というリクエストを何回か経て、最終的にプレゼントが決定です!早速中身を開けてみては見せ合いっこ。一番盛り上がる瞬間でした。

最後はご飯を食べつつ、三々五々に帰っていきましたが、残れる人は残って、夜が更けるまで楽しいおしゃべりは続きました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation