読んだ本:「さよならさんかく」「ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ」「うさぎちゃんとおひさま」「このにおいなんのにおい」「えをかく」など
今日のえほんの会は、会場の色をいつもと変えて、あちこちにダンボールや布が立ちそびえる内装の中で行いました。午前の会にはお父さんも一緒に来てくれたご家族が多く、うれしい限りです!
「さよならさんかく」では、絵本を読みながら「さんかくってなに?」「しかくってなに?」「黄色いの、どれ?」などなど、教室中を見渡していろいろなカタチとイロを探しました。天井近くに、誰も気づかなかった小さなカタチを見つけてみんなに伝えようと一生懸命な男の子。その指差す先を、全員で「どこ?」「どこ?」「あ~~ほんとだ(納得!)」。宝物探しのような瞬間でした。そういえば、「好きな色はなに?」の質問はよく耳にするけど、「好きなカタチはなに?」は聞かないなぁ。カタチの名前も、これだけいろんなカタチに溢れてる中、名前になってる数が少ないなぁ。「台形」「正八角形」とか、堅苦しいし。。色は素敵な名前が限りなくあるんだから、カタチもいろんな名前が、例えば「干し柿形」とかがあってもいいかも。…独り言でした。


午後の「えをかく」では、途中から目を閉じて、さやかおねえさんが読み上げるものを頭の中にそれぞれのスケール、色、形で思い描きました。目を開けると狭い教室だけど、頭の中では海や空や恐竜などなどがどんどん飛び出し広がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation