読んだ本:「このにおいなんのにおい」「ユックリとジョジョニ」「ことばあそびうた」「これはのみのぴこ」「知らざあ言って聞かせやしょう」など
午前の会・午後の会ともにちがう演出を加えた趣の異なる「ユックリとジョジョ二」を披露。絵本の中のアコーディオンも登場!午前の「ユックリとジョジョ二」では、絵本に出てくるダンスシーンに合わせて子どもたちも楽器やおもちゃで音を入れて参加。最初はにぎやかに鳴り響いていたいろんな音が、物語が進むにつれて変化が見え、最後の方では音が洗練されお話とぴたりと合う瞬間が生まれました。午後の「ユックリとジョジョ二」は、じっくり、ゆっくり、大切に読みこみ味わい、体の奥深くに染みこむような読み聞かせとなりました。写真は午後の会での1コマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation