先月から事務局に仲間入りしたスタッフ・田村裕子より、
初めてASIASの記録を担当した2日間(10/19・27)のレポートをお送りします。
―1日目。
私にとっても記念すべきASIAS授業参加初めての日。天気は快晴で絶好の写真日和となりました。
天気にも負けないぐらいのパワフルさで児童たちが登場、こっちもかなり気合いが入ります。
尾仲さんも同様に思われたことでしょう。
まずは尾仲さん自己紹介。「僕のことは”先生”じゃなくて、”さん”でもなんでも好きな風に呼んでください!」
初対面の大人に多少緊張気味だった子どもたちに少しずつ和やかな雰囲気が漂ってきました。
そして一人1台ずつ手渡された使い捨てカメラに興味津々。
テーマは『6年生の記憶を残す』。
「今君たちが見ているあたりまえの風景はそのうち忘れてしまう。 でも、写真を残すと簡単に思い出すことができるんだ。
大人になってから、撮ったときには気付かなかった何かが見えてくるんだよ。」
まずは隣同士撮りあいっこ。そして校内の「思い入れのある場所」へ。皆考え悩むことなくそれぞれの場所へ急ぎます。
こっちも大忙しで彼らの後を追う・・・すっかり楽しんでいる私でしたが仕事もしなければ。
学校中走り回る子どもたち、記録者(私)も走る走る!(翌日・翌々日と私のカラダに影響が出たのは言うまでもなく・・)。
どうやら私も走っている間はすっかり子ども化してたようです。
タイトなスケジュールの中、小走りで近所の商店街(うってつけの撮影スポット『地蔵通り商店街』) へ移動。
まるでドラマのロケかなんかみたいに、 カメラ小僧たちは商店街を走り回ります 。
周りの時間はゆったり流れているのに、そのコントラストも芸術的、というと言いすぎでしょうか。
あっという間の撮影タイムを終え、学校へ戻る道すがら生徒たちとの興奮さめやらぬ会話
「あそこのね、80円のたいやきはこの辺では一番なんだよねー」
「なんか懐かしかったー」
・・・ってキミたち歳はいくつなの?(笑)
週末の宿題として 「残りは自分の家で。きたない勉強机(の上)は片付けないでね!」とのこと。
次週アタマに現像、次の授業にはそれぞれのプリントがあがってきます。
―2日目(1週間後)
尾仲さんから生徒たちに配られた、小さなスケッチブック。
今日はこれに現像ほやほやの写真を貼り付けて、自分だけのアルバムを完成させます。
そのなかから各自お気に入りの1枚を選び、全員分を投影機で発表しようというのが目標です。
自分で撮ったものへの解説を口々にはじめる生徒たち。図工室は大盛り上がりの大騒ぎ。なかなか作業は進みません。
それでものりで両手をべたべたにしながら楽しそうにしゃべっています。
で、肝心の写真の出来はどうなんでしょう?
見れば、想像以上の写真(というより作品!)。大人の私たちを絶句させるようなものすごい才能にじかに触れた感覚です。
当初、図工専科の北角先生が懸念されていた
“いつもつるんでいる仲良し女子3人組”―同じ場所で同じものを撮ってしまうのでは―についても、全く問題なかったようでした。
一人一人違った、すばらしい6年生の記憶。
そして最後に先生から気づいた点など挙げていただきました。
「思いのほか、児童たちには迷いがありませんでした。同じ場所に立っても、視線は別のものを追っている。
おそらく、尾仲さんの投げかけが通じたんじゃないでしょうか。」
ちょうど私が彼らと同じ年の頃、写真というのが照れくさくて、わざと避けたりすることがありました。
その頃に尾仲さんのようなおとなに今回のように直球で言葉を投げかけてもらえていたら、何か少し違っていたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation