本日1/20(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!

今日もたくさんの親子にお越しいただき、会場はすでにほっかほか。
最初は顔の体操から!
目を上げたり、下げたり、ぐにゃぐにゃと手でほぐしていきました。
自分の顔がどうなっているのか見えないけれど、
えぽんずさんやお母さんの顔を見て、子どもたちは思わず笑っていました。

今日は赤ちゃんにまつわるお話が出てきました。
大人の参加者の方に「妊娠中は食べものの好みが変わりました?」
「名前をつけるとき、どんなことを考えて名前をつけましたか?」など
えぽんずさんがお父さんやお母さんに質問していきました。
その言葉に共感する保護者の方も。

からだあそびもたくさんしました。
「ロールパンになってみよう!」と、からだをくねくね。
「食パンをちぎってみよう!」と、誰かのからだをこしょこしょ。
「ペアでヤドカリになってお散歩にでかけよう!」と、てくてく。
「そのまま石を登ろう!」と、大人の背中をよっこいしょ。
子どもたちの元気な声が会場に響きました。

おばけの歌もみんなで歌いました!
布をかぶったおばけ役のえぽんずさんが登場すると、
やっぱり少しこわくてびっくりする子も。
勇敢にも、おばけに立ち向かっていくお兄ちゃんもいました。
写真は「子どもにやっつけられたおばけ」です!

今日も盛りだくさんの一時間。あっという間に終わりの時間が来て、
プログラムの後も楽器や絵本でたくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation