いよいよ「どんどこ!巨大紙相撲~にしすがも場所」がスタートしました。
東京は台風が直撃という、とても残念な天気になってしまいましたが、1年生から6年生までの子どもたち10人が集まりました。
北は北海道、南は沖縄から出張してきた、たくさんのスタッフや、部屋の中に作られた土俵と巨大な紙相撲力士に、みんな興味津々。力士は、これまでの近隣の小学校や児童館でのデモンストレーションで使ったきたもの。
まずは巨大紙相撲協会理事長(!)であるKOSUGE1-16の土谷さんから「ごっつぁんです」と、ごあいさつ。子どもたちも、自分が呼ばれたいニックネームに「関」をつけて、力士風に自己紹介(「○○関です」)。スタッフは親方役です。
「力士の自己紹介はしないの?」という子どもたちからの声で、それぞれ気に入った力士を選び、しこ名を相談。
miniPA270073.JPG
「勝つという意味を込めて『勝(まさる)』!」
「ボロくないから、反対にして、『ロボ』!」
ピカピカしたテープがついていたことから、「ピカリンフレッシュメタボ」という連想も生まれました。
取り組みでは、学年が大きい子が集まった部屋(チーム)が勝つかと思ったけど、低学年の子たちの部屋が勝ったりしてびっくり。
初めての体験で、どんどこ叩きすぎて手が痛くなっちゃったかな。白熱した戦いが繰り広げられ、子どもたちもどんどん紙相撲に引き込まれていったようでした。
そして、いよいよ力士を自分たちでつくってみることに。
初めて会うお友達と大きなダンボールを目の前にして、はじめはなかなか手が出なかったけど、沖縄から出張してきたりんりん親方をはじめ、部屋についた親方の力を借りて、力士を作っていきます。
miniPA270099.JPG
ダンボールカッターでダンボールを切るのは力もいるし、角度も考えなければ切りにくく、コツがいるけれど、低学年の子も親方に助けてもらいやってみたら、意外にテクニシャンで親方もびっくり。
どこを押さえたら切る人が切りやすいか、どうすればケガをしないか気をつけながら活動していきます。
1年生の男の子は、切っている3年生の男の子を「がんばれがんばれ」と応援していました。
miniPA270115.JPG
力士制作の一方で、最終日の「にしすがも場所」で、優勝した力士に授与される優勝カップや、優勝パレードで力士が乗るオープンカーやなどのデザインもしていきます。
やっとの思いで力士を切り抜いて形になると、ある種の達成感が!
といってもまだまだこれからいっぱい作るのですが。道は長い。がんばるぞー。
すごくメタボな力士がいたり、少し背が低くてやたら胸の大きな力士がいたり(小錦みたい!)、ちょんまげまで作っちゃう力士がいたり、個性的な力士が形作られました。これからどんな装飾がされるのか、期待です。
最後に、生まれたての力士で一勝負。
miniPA270133.JPG
「残った残った!」
みんな負けないように丈夫に作ったので、必死にたたいても足がしっかりしてなかなか動かない力士も。
お互い後ずさりして勝敗が決する取り組みもあり、笑いが起こりました。「ちょ、ちょ、待てよ」という感じ。
他と比べて背の低い小錦(?)は、体の重量にまかせて相手を押しだしていました。さすが。
自分たちで作った力士で取り組みをしてみて、少しずつ愛着が湧いてきたのではないでしょうか。
「ねぇ、次は何するの?」「次もよろしくね、親方!」という子も。
千秋楽に向けて、強い部屋にするぞー!
これから4回、「ごっつぁんです!」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation