10日間ほどワークショップを行い、最終的に作品を発表する、という取り組みで、今年は学芸会の発表にいくつか関わりました。前回に引き続き今回ご紹介するのはその中の1つ、小学1・2年生19人と創り上げた作品です。お迎えしたアーティストは楠原竜也さん(振付家・ダンサー)。アシスタントとして村越麻理子さん、ドラムの演奏で有吉拓さんにもご協力いただきました。
この学校では、『まっしろだったカラス』という台本を、森に囲まれた学校の特色を生かして担任の先生が手を加えた、『カラスドロップ』という物語を上演しました。昔は真っ白で美しく、でも怠けものだったカラスたち。ズルをして「あくまになれ~る」という薬で羽を黒く、声を低く変え、森の動物たちが集めた木の実を奪い取ろうとします。しかし、ルールを守って薬を飲まなかったため、元の真っ白な姿には戻れず、動物たちにも正体がばれて森を追い出されてしまいます。そんな時、森が嵐によって火事になり、その様子を見ていたカラスたちが命をかけて火を消すのです。この行いによって動物たちとカラスは仲直りをする、という物語です。
子どもたちが演じるのは、カラス、うさぎ、りす、ねずみ、ふくろうと全て動物です。そこで、低学年らしい身体の動きを取り入れて動物に成りきって演じられるようワークショップを続けていきました。

ワークショップの最初には、アーティストの真似をしたり、身体の一部分をくっつけて様々な形を作ったり、身体の持つ可能性を探るようなワークを行いました。子どもたちと登場する動物がどんな声でどんな姿か、どんなふうに鳴いたり飛んだりするのか、様々な意見を出してもらい、実際身体を動かして表現する、ということにも取り組みました。みんなとてものびのびと表現する子どもたちで、アーティストも今までに見たことのない形が考えだされるなど、驚きの連続でした。
セリフの練習では、誰に向かって伝えようとしているのか、相手を意識して話すことを考えながら、声のキャッチボールや、体育館の一番後ろから声を届けるワークを行いました。大きな声を出してセリフを話すこと、しかも役に成りきって、というのはとても難しい事ですが、アーティストの丁寧な指導と繰り返しの言葉かけで、少しずつ子どもたちの身体の中に表現が染み込んでいくようでした。

セリフがない間も、他の子のセリフを聞いてうなずいたり、身体の向きを話している子の方へ向けたり、少しずつワークショップで行ったことが演技の中に活かされている、とはある日の振り返りでの先生の言葉です。
学校の先生にとって外部からアーティストが入り、ワークショップに取り組むことは、先がどうなるのか不安をともなうチャレンジかもしれません。しかし、アーティストが伝えようとしている事を感じて、子どもたちの変化を丁寧に見て取って下さる中で、先生との関係が良い方向に深まり、協力体制が整うことは、とても嬉しく大切な事だと思います。
さて、そうして演技の練習などもしながら、今度は衣装の制作です。具体物を用いることなく、抽象的な衣装で身体表現を活かすことができるよう、アーティストが下地を整えました。そして、図工の時間をお借りして子どもたちと一緒に制作です。フェルトに様々な種類の生地を、一人ひとりが自分の思うように並べてボンドで貼り付けていきました。カラス役とふくろう役の子は、何枚も必要な羽を、単純作業でも飽きずに一生懸命切っていきます。最後には、保護者の方々や先生方が協力して、放課後の家庭科室で作業して完成させてくれました。

同時に、今度はセリフではなく各動物の動きの完成度を上げていきます。白カラスの登場、各動物たちの登場シーンには、それぞれの特徴をよく表した動きをアーティストが振付していきました。カラスの変身や火を消すシーンでも、臨場感溢れる面白い動きが生み出されていきます。今回の音楽は全てドラムの生演奏で、音にのって子どもたちは動きのきっかけを覚え、のびのびと自由になっていきます。身体表現を支える音の存在は本当に大切なものです。
ワークショップ後半は、アーティストが行けない間は先生に練習をお任せし、ワークショップでは通し稽古や細かい動き、移動、立ち位置の修正などを繰り返し行います。アーティストは子どもたちの限界を決めつけることを絶対にしません。毎回毎回、「こうすればもっと良くなる。」「あの子たちはまだまだ伸びしろがある。」と、ただまっすぐに、子どもたちの表現を高めるために力を尽くしていきます。もう稽古の時間はなく、残すは本番のみ、子どもたちに何かを伝えられるのは本番前の10分間のみ、という状況になっても、子どもたちの表現がさらに良くなることを信じて疑わないのです。

そしていよいよ本番、アーティストが伝えてきた数えきれないほどの大切な事、ワークショップでも子どもたちは十分に応えてくれていましたが、最高の状態で発表できるよう、子どもたちを信じて、期待と緊張で胸が高鳴ります。しかし、始まってしまえば大人の心配などどこへやら、今までで一番の力が発揮できたように思います。のびのびと、大きく身体を動かし、舞台上を思いっきり動きまわり、息をひそめるシーンでは姿勢を低くして相手の様子を伺い、相手に向かって話す事、相手の話を聞く事、今まで一つ一つ積み重ねてきた事が、子どもたち一人ひとりの表現となって舞台の上で輝きました。
期間にすると2カ月、いつも元気いっぱいでワークショップに取り組んだ子どもたち。毎回放課後の打合せにもご協力いただいた先生方、そしてとてつもないエネルギーを注いでいつも子どもに向き合って下さったアーティストの方々、三者の力で、どこにもないたった一つの素敵な作品が完成しました。子どもたちや先生ともう一緒に過ごす事ができないのはとても淋しいですが、演じる事の楽しさや、表現する事の楽しさが、今後も何らかの形で子どもたちの中に残っていくだろうと信じています。
——————————————————–
楠原 竜也(くすはら たつや)/振付家・ダンサー・ APE 主宰http://www.children-art.net/kusuhara_tatsuya/

当NPOでは、10日間ほどワークショップを行い、最終的に作品を発表する、という取り組みも行っています。今回ご紹介するのは、小学2年生60人と創り上げた学芸会の作品です。お迎えしたアーティストはスズキ拓朗さん(振付家・ダンサー・演出家)と、アシスタントの樋口舞さん(ピアノ演奏)。

ワークショップの初回は9月のある一日。初めて出会う子どもたちに、名前と好きな食べ物などを教えてもらい自己紹介をしました。この日は、円になってボールをパスするゲームや、「ネコとネズミ」というゲームなどを行い、これから一緒に作品を作って行く上で、遊びを通して協力することの大切さを伝えました。
そして2回目以降は、本格的に作品作りに入っていきました。台本は『たねまきこびとをたすけだせ』という物語。人知れず種を撒いて四季を作っている「たねまきこびと」たちが、春を嫌う「冬の女王」にさらわれてしまうのですが、森の動物たちが力を合わせて小人たちを助け出し、最後には冬の女王とも仲直りをする、というお話です。
2年生ならではの、笑っちゃったり可愛らしかったりするような動きを取り入れたい、という先生のリクエストもあり、劇中に『線路は続くよどこまでも』を替え歌にした『たねまきこびとのうた』と、元々台本に含まれていた『かじる かじる!』という曲を使ってアーティストがダンスを振付しました。『たねまき~』は、小人たちが種をまいている様子を歌にし、劇の最初と、最後には全員で歌い踊ります。『かじる~』は、野ねずみたちが、力が弱いながらも小人たちを助け出すために、自分たちの最大の武器、歯で扉をかじって助け出す、というシーンで使われます。
ダンスの練習は、アーティストもびっくりするほど子どもたちの覚えが早く、1日で2曲の振りを伝えることができました。歌いながら踊るという2つの事を同時にするのは、低学年にはまだ難しいところもあるようでした。それでも、決めのポーズでは、「飛ばなくてもいいよ。」と言っても、自然に身体が動いてジャンプする子どもたち。繰り返し練習を重ねていくうちに、楽しそうに踊る子どもの姿に何度もエネルギーをもらいました。
そしてダンスの振り付けが終わった後は、台本に入っていき、セリフや立ち位置など、アーティストの演出を加えていきました。60人を同時進行はできないので、どうしても待ち時間が長くなる場面もあります。待ち切れずに動いたりしゃべったり、ザワザワする子どもたち。移動の場所やセリフがなかなか覚えられない子もいて、最初はこの先どうなるかと不安になる場面もありました。しかし、先生方のご指導の成果もあり、子どもたちは回を重ねるごと、セリフもポンポンと言えるようになり、ふと気づけば静かに話を聞くことができるようにもなっていました。

実際に舞台の上で練習してみると、大道具や小道具、ひな段の設置の具合によって随時変更が生じることもあります。また、発表時間には限りがあるので、時間内に収めるための演出の変更もありますが、その場その場のアーティストの言葉を聞き、たとえ時間がかかっても、子どもたちは楽しそうに応えてくれました。ワークショップの記録を読み返すと、アーティストが、細部までより作品を良くするためにどれほどたくさんの演出を加えたかに驚きます。そしてそれほどの演出でも、子どもたちはいつも元気いっぱい、一度も嫌がることなく毎回毎回楽しく練習に参加していたことも驚きでした。
セリフをただ話すだけでなく、くま、さる、野ねずみ、うさぎ、りす、きつつき、きつね、たぬき、ふくろう、冬の女王、北風のせい、雪ひめ、さばくの王子、とうい一つ一つの役にあった身振り手振りと衣装も工夫しました。どんな状況でのセリフなのか、どんな性格の役なのかをよく表した、とても面白い工夫が子どもたちからもたくさん出てきました。そうして、どんな役になった子も、一人ひとりがキラキラとした存在感を放つようになったのです。

アーティストは毎日学校には通えないし、限られた日数の中でしか練習に加わることができないので、アーティスト不在の日も先生と子どもたちに頑張ってもらうしかありません。きっと学芸会の練習の時数も限られている中ですが、大道具や小道具も先生と子どもたちの作品です。野ネズミがかじったことが分かるように穴のあく扉や、草と雪なども舞台を盛り上げる大切な作品。初めて使用する時に、「作ったよ~!!」と、嬉しそうに自慢げに見せに来た子どもたちにまた顔がほころびました。
そうして日々はあっという間に過ぎ、いよいよ本番です。まだまだ練習が足りてないところがあるかもしれない、もっともっと加えたい演出がある、アーティストも様々な思いを抱えての本番だったと思います。見守るスタッフもドキドキとワクワクで胸がいっぱい。これまでの過程を知っているだけに、発表だけを一つの作品としてみるのは至極困難で、一瞬一瞬、「初日は○○だった子が、あんなに!」などという思いがこみ上げてきます。セリフの間が空いても子どもたち同士で声かけをしたり、「フォーメーションフォーメーション!」囁きながら立ち位置に走って移動したり、一生懸命な子どもたち。観客もいつの間にか引き込まれて楽しそうに見てくれていました。
「種とは育つものであり、育てるもの。子どもたちはその両方をこのかわいい台本から自由に読み取り、奇想天外な方向へと撒き散らしてくれます。まっすぐ伸びる芽…クネクネ育つ芽…寄り道する芽…正解のない育ち方。子どもたちがどんな花を咲かせるのか楽しみです。」というのは当日パンフレットに寄せたアーティストの言葉です。

本当に60人一人ひとりが個性豊かで、毎回会うたびに、飽きずに何度もアーティストの名前を連呼したり走り寄ったり、熱烈な歓迎をしてくれる楽しく面白い子どもたちでした。この出会いを通じて、アーティストと子どもたち、先生が協力して一つの作品を創り上げていったことが、一人ひとりの心の中に、これからもずっと何らかの形で残っていってくれたら、そしてみんながこれからも素敵な花を咲かせてくれたら、と願っています。
——————————————————–
スズキ 拓朗(すずき たくろう)/振付家・ダンサー・演出家
http://www.children-art.net/suzuki_takuro/

秋になり、当NPOでは連日様々な現場でワークショップが行われ、いろいろな出会いが生まれています。ある11月の晴れた日に行われた保育園でのワークショップの様子をレポートします。この日のアーティストは外村友紀さん(造形作家・ こどもワークショップ空間Yellow Pony主宰)。子どもへの声かけがとても丁寧で、カラフルな造形の世界を広げて下さるアーティストです。

5歳児クラスで行ったワークショップは、3歳のころから子どもたちが交流を続けているという「マジョリン」というお友だちがモチーフです。子どもたちはまだ「マジョリン」の姿を見た事はありませんが、日頃からお手紙やプレゼントのやり取りをしているそうです。今回は、忙しくてなかなか会えない「マジョリン」のために、お友だちを作ってあげよう!という設定でワークショップを行いました。先生がとてもうまく子どもたちに話をして下さったので、始まる前から「お友だちを作りたいです。」と外村さんに言いに来る子もいました。
そして、いよいよワークショップの始まりです。いつもとは違い、ホールに並べられたカラフルな画材をみて、何が始まるのかワクワクと緊張が混じった様子の子どもたち。外村さんが見本の作品を見せると「ワアーッ」「すごおい!」と歓声が上がりました。そして早速制作スタートです。ミカンのオレンジネットに、好きな色のセロファンを選んで入れて、後はフェルトで顔や髪の毛、服やリュックなど思い思いに装飾していきます。自由に作る事にとまどいがある子もいますが、アーティストの声かけや、先生が「正解はないからね。なんでも良いんだよ。」という言葉かけをして少しずつでも作業をすすめています。輪ゴムを止めるのが難しかったり、フェルトが切りにくかったり、手助けが必要な場面でも子どもはなんとか頑張ろうとし、アーティストもアドバイスを繰り返して、良い雰囲気の中子どもたちは集中して制作に取り組みました。マントを付けたり、スパンコールをカチューシャにしたり、背中にも顔を作ったり、侍をモチーフにしたりと子どもたちの発想はとどまるところを知りません。

マジョリンの友だちが完成したら今度は、その友だちがいられるようお部屋をつくります。プラスチックの段ボールに、セロファン、透明折り紙、色画用紙などを切り貼りして、グループ毎にイメージの世界を広げていきました。海に大きな家、人魚に太陽、みんなで一つの作品が出来上がっていきます。グループ毎の作品が出来るとそれを組み立てて家にしてライトアップ!!「ワアーッ、すご~い!」と大喜びの子どもたち。家に友だちを飾った後は、最後のお楽しみ。先生が持ってきてくれた、子どもたちが3歳の時に「マジョリン」からもらったという、「魔法の粉」を振りかけました。「マジョリン来て下さい!」「お願いします!!」とみんな気持をこめてお願いする姿には大人も感動です。
最後には、「先生(家を)どこに置くの?」「あれを見ながら寝るのはどう?」「あそこで本を読むのはどう?」と聞く子どもたち。「マジョリン」を巡る物語の中で想像力を思う存分広げた子どもたちの姿に、アーティストもスタッフも始終顔がほころびっぱなしの一日となりました。

終了後の先生のお話では、作品の顔が作った子どもの顔に似ていたということや、大胆に制作できた、などの感想をいただきました。どんどんアイデアを出していける子と、アイデアを出すのに時間がかかる子など個人差はありますが、一人ひとりの作品はどれも素敵な「マジョリン」のお友だちとなりました。
——————————————————–
外村 友紀(とのむら ゆき)/造形作家・ こどもワークショップ空間Yellow Pony主宰
http://www.children-art.net/tonomura_yuki/

111106 061aa.jpg
秋になると植物の成長もゆっくりなので、畑仕事は少しのんびりしながらできるようになります。そこで、グリグリの恒例なのが焼いも&焼きリンゴ♪この日は誰もが楽しみしているので、この日も大勢のメンバーが集まりました。
午前中は、まず最初に畑をよく観察して植物がどんなふうに成長しているのかを見たり、どこにどんな植物が育っているかを見たりました。その後、芽かきなどの作業をする畑チームと、畑の柵をつくる大工チームと、焼いも・焼きリンゴの準備をするチームにわかれて、それぞれが作業をしていました。子どもたちももちろん大人と一緒にまざって作業です。子ども畑のまわりの雑草をぬくなどの作業をする男子チームもいたり、、花壇の脇に腰掛けてずっとハタケマップ(カブさん特製)のぬりえをする女子チームもいました。
111106 018aa.jpg111106 057aa.jpg
111106 023aa.jpg111106 028aa.jpg
111106 054aa.jpg
好きなところでみんなが何かをやっていること。グリグリの一番いい時間がまさにこういう時間なのです。
さて、焼いも&焼きリンゴ。焼きあがると歓声があがり、わーっとみんなでいただきました。さつまいもは今年は不作でまったく育たなかったので、家から持ち寄ったもの。リンゴ(紅玉)は、春と夏のイベント「畑@校庭まるごと体感デー」共催のパートナーである、アースデイマーケットさんに農家さんを紹介してもらって、群馬県の「富貴上リンゴ園」さんより購入しました。あまずっぱいおいしいリンゴでした♪ 女性陣(お母さんやスタッフ)は、上にハチミツをかけたり、シナモンをふったり、好みにあわせて甘~くして食べて、みんな幸せそうな顔をしていました。
111106 075aa.jpg111106 068aa.jpg
さらに華をそえてくれたのがハーブ部(ハー部)のGさんが入れてくれた「ホットジンジャーエール」。レモン風味のマイルドなタイプと、ピリッとしょうがの効いたスパイシーなタイプと2種類です。
111106 069aa.jpg
おいしくてポカポカの一日でした。
——————————————————————————————-
★富貴上リンゴ園 http://fukiageapple.jp/