にしすがも創造舎のクロージングイベント「みんなで過ごす2日間」のワークショッププログラム、「タネくんのふわふわ空さんぽ」が、夏の陽射しを感じる青空の下で開催されました。これまでグリグリの畑で、植物とのふれあいの場をたくさんつくってくださったアーティストのカブさん(美術家・深沢アート研究所緑化研究室代表)をお迎えし、午前・午後の全4回、親子でタネくんとの空さんぽを楽しみました。
kabu_WS.jpg01.JPG
ワークショップは、カブさん手づくりの紙芝居の読み聞かせからスタートしました。
遠い場所から飛んできたタンポポくんと出会い、「ボクも知らない場所へ行ってみたいな」と思ったタネくん。子どもたちは、タネくんの想いとともに、空さんぽに向けての準備に取り掛かりました。
03.JPG04.JPG
クローバー、ポピー、ひまわり・・・テーブルに並んだいろんな種類の植物の種。初めて見る色や形に興味津々になりながら、子どもたちはじっくり観察してみたり、手触りを確認したり。お気に入りの種と土を袋に包み、絵を描いたり紙テープを貼ったりすれば、自分だけの“タネくん”のできあがりです!
CIMG4125.JPG05.JPG06.JPG
続いてタネくんを、ふわふわ浮かぶ白い風船におもりのようにくっつけて、空さんぽの準備をします。配られた風船は一人一つ。空高く飛んでいってしまったり、地面に張り付いて動かなくなったりしないよう、ちょうどよい“ふわふわ”を探して、タネくんを重くしてみたり、飾りを軽いものにしてみたり、みんな試行錯誤していました。
07.JPGCIMG4165.JPG08.JPG
風船にも絵を描いたり、カラフルな紙テープなどで飾りつけをしたら完成!ニコニコ顔の風船や、かっこいい新幹線の飾りがついた風船、太陽の光でキラキラ輝く風船などが出来上がりました。さあ、風船の紐の先につけた輪ゴムに手を通して、タネくんとの空さんぽに出発です!元気に走り周ったり、ゆったり“ふわふわ”さんぽを楽しんだり。それぞれ、タネくんとの時間に夢中になっている様子でした。
10.JPG11.JPG 
12.JPG13.JPG
 
お天気にも恵まれ、ふわふわと漂う風船に囲まれたテントの中、開催された今回のワークショップ。ワークショップが終わった後も、あちらこちらで、オトナも子どももタネくんとの空さんぽを楽しんでいる姿が見られました。お家に連れていってもらったみんなのタネくんは、新しい場所で、どんな芽を出してくれるのでしょうか。
にしすがも創造舎のフィナーレとともに、2005年からスタートしたグリグリ・プロジェクトもフィナーレを迎えます。これまで活動に参加してくださった方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。にしすがも創造舎での活動は終わってしまいますが、風船をつけてもらったタネくんのように、グリグリの活動が、あちらこちらに広がっていき、新しい芽を出してくれたら嬉しいです。
※にしすがも創造舎のフィナーレ 特設サイト
http://sozosha.anj.or.jp/finale/
——————————————————–
カブ/美術家・深沢アート研究所 緑化研究室代表
http://www.children-art.net/kabu/

IMG_7178 (640x427).jpg
久しぶりに石がまを稼動しようとことになり、この日は朝からメンバーやスタッフが集まってランチの準備をしました。わけあって石がまを稼動できるのはこれで最後かもしれないので、フォカッチャやお肉など豪華なメニューを用意しました。陽気な天気と、この日が最後のスタッフのお別れもあって30名近いメンバーが勢ぞろいし、校庭に咲いたお花を愛でながらの賑やかなお花見デーとなりました。
畑で一番の人気者の石がまを「やるよ!」というと、朝からぞくぞくと人が集まります。石がまに火が入ると木が燃えるいい香りがして「わぁ!」と歓声が上がり、畑で野菜を収穫したり、手入れをしているメンバーが集まってきます。少し遅れて到着したメンバーも、また、煙に誘われてやってきます。室内で作っていた料理が石がまの中に投入されると、また人が集まり、みんなただただ石がまの中を見ながら井戸端会議。ついでに焼き芋を焼いたりしながら料理ができるのを待ちました。
IMG_0264 (640x480).jpgIMG_0270 (640x480).jpgIMG_0262 (640x480).jpgIMG_0289 (640x480).jpg
ちょうど準備が整った頃、メンバーの男児が誘った(なんて社交的!)ご近所さんのおばあちゃんたちも集まりました。「ぼっちゃんが誘ってくれて」と大変嬉しそう。「校庭がにぎやかになって本当にうれしい」との言葉にみんな頬がゆるみました。ちょっと焼きすぎたフォカッチャと、畑の恵みをふんだんに使ったお肉のローストはすごく美味しくて、大きく成長した子どもたちがあっという間にたいらげてしまいました。他にも自宅から惣菜を持ち寄ってくれた方たちもいて、それは楽しい大宴会でした。
IMG_0000 (640x480).jpgIMG_0290 (640x480).jpg
2005年より事業としてスタートし、2006年より畑づくりを始めたグリグリは、来月より現行メンバーを中心とするサークル活動として継続していきます。スタッフによる日記はこれで最後になりますが、今後とも活動を見守ってくださいますようよろしくお願い致します。

IMG_4458 (640x480).jpg
寒空の下、10名ほどのメンバーが集まりメンバーズワークデーを開きました。本来はメンバーのみで半日ほど作業するものですが、今日はスタッフも2名参加。小一時間畑の手入れやぶどうの剪定、レモンの冬支度をしました。
ぶどうのツルは春から秋にかけてぐんぐん伸び、4mくらいの長さに伸びて、棚からはみ出し隣の桜の木にまで絡まっていました。そこにぶどう棚の脇に植えてあるホップも絡まって、ちょっとしたお化けの形相。乾いたツルは頑丈なので、全身を使って思い切りひっぱったりしながらどんどん短く切っていきました。ツルの中から見つかったぶどうは姿形がそのままドライになっていて、「ミイラ!」と失笑。さっぱり散髪すると黄色の棚の向こうに青空がくっきり。根元には肥料を与えて、冬越えの準備完了です。
IMG_4439 (640x480).jpg20150118 (3).jpgIMG_4446 (640x480).jpgIMG_4451 (640x480).jpg
畑ではきれいな色のトウガラシの名残が残っていて、モノトーンの畑に色を添えてくれました。レモンは大きく成長しちゃって越冬のためのカバーがはちきれんばかり。なのに大きくなってもなかなか花をつけないのは、日当たりの悪さが影響しているのか。。。
作業終了後には、畑のぶどうでシロップを作ってくれたボランティアスタッフの差し入れで、ぶどうサイダーをいただきました。「うぁ美味しい!!」マスカットのような爽やか系の、味わったことのないぶどうの香りにみんな感動。4年くらい育ててきて初めての収穫&テイスティングでした!IMG_4453 (640x480).jpg20150118 (1).jpg

0907 (3) (640x480).jpg
春に畑の作付け計画を立てるとき、私たちはよく、「イタリア料理の畑」「エスニック料理の畑」といったように、料理をイメージしながら考えるのですが、おそらくほとんど毎年出現しているのが「ピザの畑」ではないでしょうか。畑には、今年もたくさんのプチトマトやバジル、ルッコラが実ったので、暑さがおさまったこの時期に石がまピザを焼くことになりました。グリグリでは、石がまを設置した2008年から毎年イベントを開催して、近所の方たちに石がまピザをふるまってきましたが、今年はイベントを行わなかったためピザを焼く機会もなく、みんなこの日を待ち望んでいたようです。
ワークデーの朝にはいつも一番のりでやってくるRちゃん親子が、この日はホームベーカリーに生地をセットしてくれて、その後集まったボランティアスタッフのTさんが石がまに火を入れてくれました。次第にメンバーがそろうと、各自畑の手入れをしたり、トッピングの野菜や大きく成長したモロヘイヤや収穫してキッチンに届けたり、畑の開墾をしたりと、大人と子どもの連携プレーで順調に作業が進みました。
005 (640x480).jpg015 (640x480).jpg021 (640x480).jpg022 (640x480).jpg
小1一時間ほどしていい具合に石がまに火がまわると、7月に収穫したジャガイモをアルミホイルで包み、一部にはローズマリーとオリーブオイルをかけて石がまで焼いてみました。
ちょうど畑仕事が終わる頃にピザ生地ができあがると、子どもたちを呼び集めてピザづくりです。この日は小6の女子は石がま係り(=火守)をしてくれたので、それ以外のちびっ子たちがみんなでピザづくりを買って出てくれました。珍しく唯一の男子だったHくんは、一人で校舎と畑を行ったり来たりしながら自由に遊んでいて、出来上がったジャガイモやピザを美味しそうに眺めていました。(ピザが焼きあがった頃にもう一人男子が参入)
025 (640x480).jpg023 (640x480).jpg090702 (5).JPG090702 (2) (640x479).jpg
クリスピータイプのピザは、200度の石がまに入れると7分程度で焼きあがりますが、この日は30枚(手のひらサイズで)も焼いたため、だいぶ時間がかかりました。どんどん焼きあがっては教室に運び、石がま係りが戻るまでじっと我慢。かつては、焼きあがったものから「アツアツのうちに食べよう!」と、どんどん食べていたようにも思いますが、この日のメンバーは我慢強いのか、仲間思いなのか、誰も「食べちゃおう!」なんていわずに、みんなが揃うのを待ってから教室でいただきました。もしかしたら、取材に来ていたカメラマンが熱心に撮影していたから遠慮していただけ…かも知れませんが。笑
030 (640x480).jpg0200 (640x480).jpg090702 (7) (640x480).jpg090702 (11).JPG
焼きがったピザはカリカリで、ほんのりこげがのって見るからに美味しそう!少し冷めたピザも、グリグリのトマトが甘くて、バジルがピリッとスパイシーで美味しい美味しいピザでした。
この日は一日雨の予報でしたが、奇跡的にほとんど影響なくピザも焼けて、畑仕事も行うことができたのは、みんなが夏の炎天下がんばって育ててきたご褒美だったに違いありません。
いつになくビールも飲んで少し酔っ払った大人と数名の子どもたちは、美味しいランチの後も畑に戻り、草取りに励んでくれて、おかげで雑草に覆われていた花畑もきれいに浮かび上がりました。自然な流れの中で食の準備が整い、畑が整っていく今日一日は、いつものワークデーの中でも特にみんなの息がぴったりで、流れるように時間が過ぎていき、雨上がりのどんよりした秋空も清清しく感じられたのでした。

140809 (16) (640x480).jpg
7月にたくさんの雨が降ったため、今年の野菜は順調に育っています。プチトマト、モロヘイヤ、オクラなどは収穫が追いつかないほど。直売所もたびたびオープンすることができて、お客さんに買ってもらうことができて、それが「次回も収穫できるかな?」「収穫できるように水やりもがんばろう!」と、メンバーの意欲をかりてているのは間違いありません。
さて、にしすがも創造舎では8月の1ヶ月間に渡り「としまアート夏まつり2014」を開催しているのですがそのイベントとして「おばけ教室2」がこの日は行われました。子どもたちがたくさん来るだろうということで、グリグリでは直売所にあわせて、畑のプチトマトで「トマトすくい」を楽しめるように準備しました。収穫したトマトは40個ほど。金魚のように動かず、むしろ水の底に沈んでしまいます。ポイにつける紙は少し丈夫にした方がいいだろうと、ティッシューペーパーを2枚重ねにして代用してみたところ、これがちょうどいい塩梅で、うまいことトマトをすくうことができました。
「おばけ教室」を体験して校舎から出てきたお客さんを出迎えるように待っていると、チラホラと、小さいお客さんが寄ってくれました。思いのほか楽しんでもらえて、グリグリの子どもたちも嬉しそうでした。
140809 (53) (640x480).jpg140809 (4) (640x480).jpg
としまアート夏まつり2014 http://toshima-saf.jp/

140720 (7).jpg
畑にたくさんの植物が実るこの季節。メンバー(特に子どもたち)はどんな風に畑と、グリグリの活動を見ているのかを記録に残しておきたいと思い、写真家による写真ワークショップを開催しました。
講師をお願いした渋谷健太郎さんは、広告から環境系の雑誌まで幅広く撮影の仕事をされていて、自然を愛する方です。
午前中は「植物」を撮影するチームと「人物(または静物)」を撮影するチームに分かれ、それぞれの撮影のコツを教わったり、撮り方のアドバイスを個別に受けたりして自由に撮影を楽しみました。
撮影と同時に、畑のお手入れや収穫、コガネムシ退治など、あちこちで畑仕事とカメラマンが入り混じっている、ちょっと面白い光景でした。
140720 (1).jpg140720 (3).jpgDSC03082 (640x427).jpg140720 (8).jpg
昼休みには、撮影した写真の中でこれぞというものを一人3点くらい選んでもらい、みんなで鑑賞タイム。人によって視点や目の高さが違うゆえに見える風景が少しずつ違っているので、発見がいっぱい。例えば、トマトの写真ひとつとっても、真正面から熟したトマトを撮影する人もいれば、トマトを下から撮影して照りつける太陽に当たっている様子を撮影する子もいたり(タイトルは「トマトの気持ち」)と本当に色々な視点の違いが面白いものでした。最年少の小2の女児は普段使っているアンパンマンカメラで撮影をしてくれて、その子の写真からは植物との距離の近さが印象的でした。
140720 (12).jpg140720 (13).jpg
他の人たちが撮影した写真を鑑賞した後は、再度撮影にチャレンジ。直売所を出したり、開墾したりもしながら、その合間合間に撮影を続けていきました。
終了後には渋谷さんが撮ったプロの写真を見せてもらうと、普段見慣れている光景ながら特に気にも留めず見過ごしていることの多いことにちょっと愕然・・・・。プロの感性の豊かさに感動して、次はこんな写真を撮ってみたい!もっと色々チャレンジしてみよう!と思ってもらえたようです。
140720 (9).jpgDSC03153 (640x427).jpg

140706 (62) (640x480).jpg
一か月ぶりに晴れたワークデー。雨がしっかり降ってくれたおかげで、畑の野菜たちはすくすくと成長し、メンバーが集まるのを今か今かと待っているかのようでした。
<今日のメニュー>
・トマト、じゃがいも、オクラ、きゅうり、枝豆、大根、小かぶの収穫
・とうがらしの植えつけ
・直売所オープン
・ぶどうの袋かけ
・看板の立て直し
今回もほぼ全員がサマータイムに集合。まだ涼しさの残るうちから、あちこちの畑で収穫を始めました。じゃがいもは、3月に植えたもの。「ディストロイヤー」と「パープルキッズ」という二つの品種のじゃがいもが、たわわに実っていました!一つのサイズがすごく大きくて、大人の手のひらほどあるものも。食べ甲斐がありそうです!
140706 (8) (640x480).jpg140706 (11) (640x480).jpg140706 (9) (640x480).jpg140706 (18) (640x480).jpg
トマトときゅうりは初収穫!子ども畑のも立派に育っています。きゅうりを見つけては「やったー!!」と小6の女子。いつも先頭に立って子ども畑の手入れをしているだけに、喜びは大きいようです。
大根チームのオヤジさんたちが栽培してきた大根と小かぶもすべて収穫。午前中の収穫物を並べたらかなりのラインナップになったので、さっそく直売所を開くことにしました。
グリグリでは、直売所の商品陳列や、価格設定も子どもたちのアイディアで決めていきます。今日は前述の女子が中心となりましたが、たいてい小学生が、ちびっこたちと一緒に色々決めていきます。大人は遠巻きに見守り、行く末を眺めているだけ。時々、「ちょっと値段高いかな?」とか「こう並べたら?」とアドバイスするくらい。いざ、にしすがも創造舎の正門前に陣取ると「おばあちゃんたちに声をかけよう!」とはりきって大きな声を出して客寄せを始めました。
140706 (3) (640x480).jpg140706 (40) (640x480).jpg140706 (65) (640x480).jpg140706 (69) (640x480).jpg
今回一番の売りは「枝豆」。9株とれたうちの3株を200円で販売したのですが、それは甘くて味の濃い、手作りならではの味でした。枝豆の根っこを見てみると、根粒菌がたくさんついていて、これが土中の窒素のバランスを整えてくれるということを栽培担当スタッフの森さんが教えてくれました。
140706 (27) (640x480).jpg140706 (36) (640x480).jpg140706 (95) (640x480).jpg140706 (79) (640x480).jpg
次回(7月20日(日))もまだまだ収穫が続きます。直売所も開いているはずですので、お近くの方はぜひ遊びにいらしてください!

0622 (23) (640x480).jpg
梅雨でたくさん雨が降るのも、畑づくりにとっては天からの恵み。雨降って地固まると言いますが、植えたばかりの頃はふわふわと浮いているような苗も、雨が降るとがっしりと根を張るようになり、ぐんぐんと上に成長していきます。そして日が差せば一気に大きく育ちます。春は乾燥がひどくて、掘っても掘っても土がサラサラの状態でしたが、梅雨のおかげで、土が良好な状態になっているからこその恵みです。
2週間おきに実施しているワークデー。朝一で大根チームのオヤジさんたちが育てている大根と小カブの間引きをしました。ぎゅうぎゅうに育っていたので、あれもこれも抜いているうちに山のような収穫に!ちょうど午前中はずっと雨降りの予報だったので、畑仕事は午後からにしようと決めて、ランチメニューを考えたり、ニンニクをぶら下げたり、エコバックを作ったりして午前中を過ごしました。
0622 (3) (640x480).jpg20140622(42) (640x480).jpg
今回のランチメニューは下記の通り。
☆大根おろしとツナの和風パスタ
つけあわせ 間引き小カブの炒め煮
これが絶品でした。青首大根のピリピリした辛さとツナが絶妙なコンビネーションを創り出して、夏にぴったりのメニュー。毎度その日の収穫を見て「こんなのにしようか」「こうしたらいいかも」と、メンバーとスタッフがアイディアを出し合ってできていくメニュー。今回は大学生のボランティアスタッフHくんの発案でした。誰が決めるともなくことが決まっていく即興的な料理は、その場に居ると不思議な気持ちよさがあります。即興のライブを聴いているような、危うさと大胆さというのか。。。小カブの炒め煮は、ご飯が欲しくなる一品。持参したおにぎりにつめて食べている子を見て、みんな「おいしそう!!」。
0622 (7) (640x480).jpg
0622 (22) (640x480).jpg
ゆっくりとランチを楽しんでいるうちに雨は上がり、2時ごろから外で作業を始めました。プチトマトの収穫、きゅうりの支柱たて、バラの剪定や黄色くなった葉っぱの摘み取り。モロヘイヤのまわりにはたくさんの雑草の芽が出ていたのでそれらを取り除くと、モロヘイヤの行列がくっきりと浮かび上がりました。グリグリでは、雑草にも土を改良する働きがあるという考えのもとに、むやみやたらに雑草を抜いたりはしません。しかし、栽培中の植物のまわりの雑草を抜くと、きれいな花や葉っぱがたちまち映えてくるのは確かです。バラとフェンネル、トマトとニラとネギ、ホップとネギ。色々な共生で成り立つこの畑は、まるでグリグリそのものを象徴しているかのようです。
色彩豊かなシーズンはもう少し。今が一番畑がきれいな季節です。
0622 (33) (640x480).jpg0622 (35) (640x480).jpg0622 (40) (640x480).jpg

0608 (19) (640x480).jpg
雨のワークデーは何年ぶりだろう?メンバーが集まるのを待ちながら、長いこと晴れ続きだったことに改めて気がつきました。
<今日のメニュー>
・トマトの誘引と芽かき
・ニンニクの収穫(続き)
・ハーブの種まきやりなおし
・ブドウの剪定
・ランチづくり → 手作りチリソースと生春巻き
さすがに朝から雨が降り続いていると集まりも悪く、結局集まったのは大人3名、子ども2名。そしてスタッフ3名。雨合羽を着て作業を始めたのは10時半くらいでした。
まずはルッコラの種まきリベンジ。暑さと乾燥に負けず順調に育っていたののですが、ちょうど食べごろになると、待っていたかのように青虫に食べ尽くされてしまったため、種を撒きなおしました。あわせて発芽状態があまりよくなかったバジルやコリアンダーの種も追加で撒いておきました。
ニンニクの収穫は主に子ども畑のもの。抜いては洗い、抜いては洗い、子どもたちの手からはフレッシュなニンニクの匂いがプンプン匂ってきました。前回もかなりの収穫があったのですが、並べてみると前回を上回る量!今日の収穫量に、子どもたちはとても得意げでした!
この春から参加しているメンバーさんの中には、どのくらいの時期に植えつけたのか知らない方もいるので、昨年の10月に植えつけたニンニクであることを伝えると、びっくりしていました。長いこと地中で育つからこそ高い栄養分を養うんでしょうか。ニンニクパワーで夏場を乗り切りたいものです!
0608 (26) (640x480).jpg0608 (24) (640x480).jpg0608 (25) (640x480).jpg0608 (13) (640x481).jpg
雨は幸いにもワークデー中は小雨だったのですが、今日やらなくても済むような作業は次回に繰越しして、この日は午前で作業を終了。残りの時間は、教室でのんびりとランチづくりを楽しみました。
0608 (9) (640x480).jpg0608 (6) (640x480).jpg0608 (12) (640x480).jpg0608 (3) (640x480).jpg
今回作ったチリソースはタイ風のもの。畑のニンニクとレモングラスを使うレシピを、ボランティアスタッフのMちゃんが持ってきてくれたので、レシピを見ながらみんなで作りました。生春巻きは、子どもも作りやすいよう小さいサイズのものを用意しておいたので、子どもたちも簡単に作ることができました。蒸し暑い外での作業の後はさっぱりした食べ物がちょうどいいので、生春巻きはこれからのシーズンにはぴったりだね!また作りましょう!と話していました。まだまだたくさんのニンニクが教室に並んでいます。これをどう料理するかな?食いしん坊には楽しみが続きそうです。

019 (640x480).jpg
4月末の週末。ワークデーでもないのに、メンバーとスタッフが集まって、今年度の企画・運営についてのミーティングが開かれました。そのときに誰かが言った「サマータイムをしよう」という一言から、グリグリ10年目にして始めて朝10時から畑仕事をするという画期的な試みが始まりました。
初日の今日、どのくらい来るかなー?と内心ドキドキしながら出勤したスタッフの心配をよそに、10時前にスタッフが到着したときにはすでに水やりをしている親子がおり、10時にはぞくぞくとメンバーが集まって来るではありませんか。水やりと草取りをして11時(コアタイム)まで待とうと話していたのですが、もう本メニューに入ってもいいんじゃないかと思うくらいの人数が畑で思い思いに作業をしていました。その甲斐あって、日差しも風もさわやかなうちにちょっとした畑の手入れは済ませることができました。
さて、この日のメニューは次の通り。
ジャガイモの芽かき
トマトの芽かきと支柱たて
ラベンダーとローズマリーの植えつけ
クローバーの種まき
ボサボサになったコニファーの剪定
今年からスタッフになってくれた元農業高校教師Mさんは、栽培の仕方を教えるのが得意なので、芽かきや支柱たてのレクチャーをしてもらいました。「ここに生えてくる芽はとっちゃいます」「元気な芽を残して弱弱しいのは抜きます」といった手入れの説明から、「トマトの根っこは強いので多少切っちゃってもすぐに戻ります」とか「花のすぐ下の目は伸びやすい」といった豆知識まで、豊富な知識を伝授してくれました。目の前の苗の状態を見ながらのレクチャーはとてもわかりやすく、メンバーも質問しながら真剣に耳を傾けていました。これまでも、こうした栽培方法についてアーティストのカブさん(現在留学中)がレクチャーしてくれる機会は度々あったのですが、今年は「直売所を開きたい!」という大きな目標があるので、みんなの目つきも真剣そのもの。色々と教わるうちに、去年のトマト不作の反省点が浮き彫りになり、「あぁ、なるほど~」「そっかぁ~」とため息がもれる場面もありました。レクチャーの様子は映像として残し、いつでもメンバーが見れるようにしておく予定です。
006 (640x480).jpg009 (640x480).jpg011 (640x480).jpgshukusho_(6).jpg
午前中の作業がはかどったおかげで、盛りだくさんだったメニューは順調にこなすことができ、思いがけず堆肥ボックスの天地返しをやってみることとなりました。実はこの堆肥ボックスは以前、アーティストの水内貴英さんのワークショップで創作した畳一畳ほどの大きなもの。それから約2年間、ひたすら剪定した草や枝を積み重ねてきたため“干草置き場”のようになっていました。力持ちのパパさんたちが溜まった“干草”を掘り返してみると、下層部はかなり堆肥化が進んでおり、虫がうようよ。大きなミミズもいました。“干草”も長年かけて堆肥となり、フカフカのベッドを虫たちに提供していたのですね。メンバーの方たちは、水内さんの楽しいワークショップの話をしながら、「ほんとに虫マンションだー!」と楽しげに作業していました。新メンバーや体験で来られていた方なども、その話を聞きながら「楽しそうですね~」とニコニコ顔。
shukusho_(8).jpgshukusho_(9).jpgshukusho_(10).jpgshukusho_(7).jpg
グリグリは、季節や年度によってメンバーの参加が増減し、植物の成長が早い時も、緩やかな時もあって 「いつもこう」 という状態がありません。それは、ともすると新しく加わったメンバーにとっては居心地を確かめるのに時間を要することになるのかもしれませんが、畑にたくさんのアートがあると、自然と話題が生まれ、人々が笑顔になれるものです。10年間の活動で生まれたたくさんの畑のアートには、一つ一つストーリーがあり、それをメンバーさんが伝えていってくれる、まさにアートによって人がつながれている畑なのだということを、しみじみと実感するワークデーでした。