8/12(日)は「港大尋とわらべうたを歌おう」でした。

うたのクラスですが、手遊びをしたり、歩いたり、手拍子が入ったりと、
からだをたくさん使って動きながら歌いました。
港さんのギターで「ごんべさんの赤ちゃん」の歌が始まると、
踊りだす子もいました!

「線路は続くよどこまでも」はゴムを足にかけ、線路のようにして
歩きました。さらに、腰のあたりまでゴムをあげて、
電車の車両にもなって歌いました。
子どもたちは楽しそうで、「もう一回!」とおねだりしていました。

後半は港さんのオリジナル曲「おさるのサルサ」を歌いました。
なんと昨日作ったそうで、できたてほやほやの歌です!
サルサのリズムを打ちながら、歌にチャレンジ!
港さんの真似をしながら、あっという間にメロディーを覚えてしまいまいた。
間奏では親子で自由に踊りました!


ぞうしがや こどもステーション

http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

8/4(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日も音楽盛りだくさんで、からだをいっぱいつかって楽しみました!

海をテーマにした絵本のときには、会場に海がやってきました!
(実は風船がたくさん入った大きな布なのです。)
子どもたちは海の上で大はしゃぎ!中には海デビューを果たした子も。
波の音がする手づくりの楽器で、ザザーという音も聴こえ、
涼しくなったような気がしました!

おばけが出てくる絵本では、本当に真っ白なおばけが登場!
なんと一反もめんまで!!
出てきた瞬間に怖がる子や、かわいらしいおばけを楽しむ子まで反応は様々でしたが、
みんなで一緒に、おばけなんてないさ~の歌を歌って
おばけとバイバイしました。

最後は楽器を使ってリズムあそびをしたり、思いっきり楽器を鳴らしたりと
あっという間の1時間でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

本日7/29(日)は「入手杏奈の親子でからだあそび」でした。
台風がなんとか過ぎてくれて晴れ間が見え、こどもステーションには
元気な子どもたちとお父さん、お母さんが集まってくれました。

入手杏奈さんと二人で踊るというダンスコーナーでは、
子どもたちが「はい!はい!」と次々に手を挙げて、
1対1の即興ダンスにチャレンジしました。
音楽だって、それぞれ偶然に流れた曲なんです!

入手さんの動きを鏡のように真似する子、
操り人形のように2人で動く子、
ソロダンスをする子、
からだで作った輪をくぐる子、
丁寧に、ときに激しく、そして自由に踊る姿は、見ているこちらも楽しい時間です。

最後は曲にのって、全員で自由にダンス!
親子で手を繋いで踊ったり、ジャンプしたり、あちこち動いていったり、
アイコンタクトをとったり。
子どもも、大人も、みんなが幸せそうないい表情をしているのが印象的でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/22(日)は「港大尋とわらべうたを歌おう」でした。

この回から赤ちゃんから参加OKとなり、わらべうたや、手遊び歌など
生活の中にある身近な歌もどんどん歌っていきます!

今日はアシスタントの方のアコーディオンも加わり、
港さんのギターやジャンべの音と重なって、とても賑やかで
楽しい時間でした。

港さんによるコール&レスポンスでは、子どもたちの名前を歌に!
自分の名前が歌になると、少し照れながらもみんなとても嬉しそうでした。

「線路は続くよどこまでも」は手遊びをつけました。
小学生の子にやり方を教えてもらい、親子でペアになって歌いながら遊びます。
小さな子も、お父さんやお母さんと手をタッチして音楽にのっていました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/16(月・祝)は、「親子で楽しむ えんげきシアター」でした!
今日は演劇ユニット・へんてこドロップによる『めっきらもっきら どおんどん』。
原作の絵本が大好き!という参加者の方もたくさんいらっしゃいました。

前半は、「ようかいエコバッグ」づくり!
カラフルなフェルトや毛糸を使って、自分だけのオリジナルようかいを作っていきます。

 

 

 

 

 

 

布は、キラキラ、ツルツル、スケスケ、フワフワ、いろんな種類がそろっています。
好きな布を一気に集めて、勢いよく作り始める子、
じっくり考えながら一つ一つ形を切り出す子、
お父さんやお母さんと一緒に相談しながらつくる子…

みんな、自分たちのペースで、思い思いの「ようかい」を形づくっていきました。

 

完成した子は、「ようかいの名前」を決めて、へんてこドロップの4人に伝えます。
かくれんぼようかい、がむしゃらようかい、ピカピカようかい…
個性豊かなようかいたちが、そろいました!

みんながつくった「ようかい」たちは、舞台の幕に飾られ、開演の時を待ちます。

 

 

全員の「ようかい」が舞台に飾られたら、本日の演目『めっきらもっきら どおんどん』の上演スタート!
主人公のかんたが仲良くなった「ようかい」たちは、とっても愉快で面白くて、
子どもたちだけでなく、大人たちの笑い声もたくさん聞こえてきました。
みんながつくった「ようかい」たちも、舞台を盛り上げます!

 

お芝居が終わったら、「ようかいエコバッグ」たちは、みんなの元へ。
カラフルで世界に一つだけのバッグは、どれもとってもおしゃれです。
ぜひこれから、遊びに行くときやお買い物に、みんなの「ようかいエコバッグ」を連れて行ってあげてね。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/7(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

音楽と絵本をたくさん楽しむ一時間でした!
子どもたちよりずっとずっと大きなコントラバス。
そしてときに心地よく、ときに激しく奏でるギター。
文字がなく、絵だけの絵本に音が物語を語っていく
という時間もありました。
大人だけでなく、赤ちゃんたちも集中して音を感じていました。

みんなが好きな楽器を持って参加するところもありましたよ!
その中をあちこち動き回るえぽんずさんと一緒に、
鳴らしてよし!踊ってよし!声を出してよし!
みんなが笑顔になった時間でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/1(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

梅雨が明け、プールに飛び込みたくなるような真夏日。
今日もたくさんの親子が集まってくれました。

「楽器はどんな風に叩いてもいいんだよ。叩き方や叩く部分によって音が変わるから、
自分の好きな音を見つけてみよう。」と片岡さん。
たくさんある楽器を自由に鳴らしながら、好きな楽器や音を探していきます。

タイコを少し浮かせて親子で叩いてみたり・・
グロッケンを立たせて裏からも鳴らしてみたり・・
両手にベルをたくさん持って振ってみたり・・

最後は人気のコーナー、片岡さんとのピアノ連弾!
双子の女の子と片岡さんの、3人連弾もありました。
中には、初めてピアノを弾いた子もいたようです。今日がピアノデビューです!
みんながそれぞれ違う曲になって、どの連弾も素敵でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6/24(日)は「港大尋と世界のフォークロアを歌おう」でした。

今日は手遊び歌をたくさんやりました!

「グーチョキパーのうた」では、右手と左手を組み合わせて
いろいろなものをつくりました。
みんなからもアイディアをもらって、飛行機になったり、クマになったり、
アンパンマンになったり!
子どもたちはお母さんやお父さんの膝の上にのって、一緒に手遊びを楽しんでいました。
最後は手だけでなく、なんと足でもジャンケンをしました!
チョキは難易度高いです!

「線路は続くよどこまでも」の手遊びは、小学生の子に教えてもらいました。
私が小学生だったころは「アルプス一万尺」に似ていた手遊びだったと思うのですが、
全然違う手遊びのやり方で新鮮でした。
子どもたちの元気な歌声が響いて、あっという間の1時間でした!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6月17日(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

音を鳴らしてお気に入りの楽器を見つけたら、
世界で一番簡単な曲「1・2・3・4」をやりました!
数字を数える合図で始まって、同じ合図で終わるんです。
みんな一斉に演奏が始まり、自由に音を奏でながらも、
合図でピタッと終わったときは思わず拍手が出てしまうほど。
終わった後の音の余韻も心地いいです。

「最後の残り5分で何したい?」と片岡さんの問いかけに、
子どもたちからアイディアが出て、なんとピアノ協奏曲をやることに!
ピアノと参加者の演奏の掛け合いで、最後の時間を存分に楽しみました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6月16日(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日もたくさんの絵本、紙芝居の世界を楽しみました。

絵本の中のくしゃみが…子どもたちにも移っていったり…
みんなで水を触っているように感じてみたり…
えぽんずさんの電車のリアルな音に合わせて
電車が動き出し…電車をみんなで作ってみよう〜!と
子どもたちは身体が動き出していました。

最後はみんな自分の好きな楽器を持って、
「おおきくなあれ」の掛け声に合わせて魔法をかけました!

少し肌寒い曇り雨な日でしたが、たくさんの親子が参加してくださいました!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/