6月17日(日)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

音を鳴らしてお気に入りの楽器を見つけたら、
世界で一番簡単な曲「1・2・3・4」をやりました!
数字を数える合図で始まって、同じ合図で終わるんです。
みんな一斉に演奏が始まり、自由に音を奏でながらも、
合図でピタッと終わったときは思わず拍手が出てしまうほど。
終わった後の音の余韻も心地いいです。

「最後の残り5分で何したい?」と片岡さんの問いかけに、
子どもたちからアイディアが出て、なんとピアノ協奏曲をやることに!
ピアノと参加者の演奏の掛け合いで、最後の時間を存分に楽しみました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6月16日(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日もたくさんの絵本、紙芝居の世界を楽しみました。

絵本の中のくしゃみが…子どもたちにも移っていったり…
みんなで水を触っているように感じてみたり…
えぽんずさんの電車のリアルな音に合わせて
電車が動き出し…電車をみんなで作ってみよう〜!と
子どもたちは身体が動き出していました。

最後はみんな自分の好きな楽器を持って、
「おおきくなあれ」の掛け声に合わせて魔法をかけました!

少し肌寒い曇り雨な日でしたが、たくさんの親子が参加してくださいました!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6/10(日)は「入手杏奈と親子でからだあそび」でした。

ストレッチをしたら、まずは会場の中をお散歩です!

出会った人とタッチ!
次は指でタッチ!
壁や床のあちこちをたくさん触ってみる!
後ろ向きで歩く!
ハイハイして歩く!

いろいろな散歩をしながら身体をつかっていきました。
今日はじめましての人とも、楽しそうにタッチしているのが印象的でした。

子どもたちから好きな動物や食べ物を聞いて、
からだで表現もしてみました。
ライオンやチョコレートなど、思い思いに想像して動いてみます。

さて、この写真はなんの虫でしょう?わかりますか?
みんな丸まっていますね。


こたえは「だんごむし」です!


ぞうしがや こどもステーション

http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/27(日)は、「親子で楽しむ えんげきシアター」でした!
今日は演劇ユニット・ドロップによる『夜空にはしごをかけて』。

前半は、カラフルな毛糸やウッドビーズをカプセルに入れて、ほしづくりをしました。

 

 

 

 

 

ほしのカプセルには、折り紙に描いた自分の「夢」も大事にしまいました。

 

 

後半はみんなで、『夜空にはしごをかけて』のお芝居をみました。

優しい音楽、素敵な歌声に、思わず立ち上がって見入ってしまう小さなお客さんもいました。

 

星を空に返す最後のシーンは、みんなの出番です!
手作りのほしに光る輪をつけて、空高く高くかかげました。

 

みんなの願いが空に届き、ほしたちは無事に空にかえっていきました。
あーよかった!みんなありがとう!

お芝居が終わった後も、みんな大事そうにほしを首にかけてくれていました。
キラキラ光るほし、シャカシャカ音がなるほし、みんな違ってどれも素敵なほしでした。
みんなの夢がかないますように!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/20(日)は「港大尋と世界のフォークロアを歌おう」でした。

会場の中をリズムにのせて歩いたり、手をたたいたりして
からだをほぐしたあとは・・・

港さんの弾くブルースのようなギターの音にのせて、最初はコール&レスポンス!
風邪をひいちゃいました~(風邪をひいちゃいました~)
コホ コホ コホ(コホ コホ コホ)
いたい いたい(いたい いたい)
ゴホ ゴホ ゴホ(ゴホ ゴホ ゴホ)

そのあとは、「かごめかごめ」!
鬼を決めたら、みんなで円になって歌ってみました。
鬼決めはじゃんけんではなく、足をなんと使いました!
この鬼決めも歌があるんですね。(子どもたちの方がよく知っていました)
あそびの中にたくさん歌があって、子どもたちも楽しそうでした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/19(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。
今日は音楽いっぱいの1時間!


ギターやカズー、ピアノなどの生演奏に加えて、歌を歌ったり、
最後にはみんなで楽器を持って盛り上がったり、とても賑やかな回でした。


えぽんずさんが絵本の物語に合わせて歌う曲を聴きながら、マラカスを振る子、
足を上げて踊りだす子まで!
みんな楽器や歌が大好きなようで、子どもたちも大人も笑顔に◎


来月のえほんの会も楽しみです!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/13(日)は「入手杏奈の親子でからだあそび」でした。

今日も参加者の親子の笑顔がたくさん見られました。
「いろいろなものになってみよう」という入手さんの提案で、
動物や食べ物などに変身しました!
子どもたちからアイディアをもらい、パンダになったり、リスになったり、
リンゴになったり・・・
「オレンジ」をつくるときには、親子で協力してマルになっている姿も!

最後につくったのは子どもから出た「教室」!これは難題でしたが、
それぞれが黒板、机と椅子、時計などを作って教室ができあがりました。
入手さんの言うように、からだでどんなものでもつくれちゃうんですね。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/12(土)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

今日もたくさんの親子が参加して、賑やかな楽団でした。
片岡さんが叩く太鼓のリズムに合わせてみんなのリズムも変わっていきます。
ノリノリになったと思ったら、日本の盆踊りのようになったり・・・

片岡さんが立ってピアノを弾くと、真似して弾く子どもたち!
部屋中に音が広がっている中で、リズムに合わせてケンケンパをする子たちも発見!
親子で木琴を並べて奏でている姿も!

思い思いに音を感じ楽しんでいたら、あっという間に時間が過ぎていきました。
こどもステーションはプログラム後も毎回2時までオープンしています。
もし楽器を鳴らし足りなかったら、そのあともあそんじゃおう!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

4/28(土)は「片岡祐介と、あそび楽団!」でした。

タイコ、木琴、トイピアノ、すず、鍵盤ハーモニカ・・・
ぞうしがや こどもステーションには楽器がたくさんあります!
中には、学校では見ないようなめずらしい楽器も、たくさん!
でも、とにかくバチでたたいてみたり、振ってみたり、向きを変えて眺めてみたり、
参加者はどんな音が出るかいろいろ試しています。
みんなが自由に楽器を触って音を楽しんだあとに、鳴らし方のわからない楽器を
 片岡さんへの質問!
鳴らし方を聞いたり、「もともとこの楽器はサメの顎でできていたんだよ」という
それぞれの楽器の解説を、子どもも大人も熱心に聞いていました。
最後は片岡さんとのピアノ連弾コーナー。ピアノを弾きたい!という子どもたちが
たくさんいました。(もちろん、大人も大歓迎!)
手でサメの口をイメージしてパクパクしながら鍵盤を弾いた子は、まるで映画のジョーズが迫ってくるような緊縛した曲に。
 繊細なタッチで高音を弾いた子は、星空をイメージするような澄んだ曲に。
どの曲もその場で生まれた素敵な曲でした!
来月のあそび楽団はどんな曲が誕生するのか、とても楽しみです。
——————————————————————————————————-
ぞうしがや こどもステーション

本日4/21(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日は手遊び歌がたくさん登場!
ピアノの音に合わせて、からだをほぐしていきました。

絵本を使って、顔や声もほぐしました!
お殿様の笑い声は低く、「おっほっほ」
お母さんの笑い声は高く、「おっほっほ」
ゴリラの声は胸をたたきながら「うおっほっほ」
参加しているみんなでいろんな声を出してあそびました。
突然お殿様の笑い声をえぽんずさんにお願いされたお父さんも、
堂々としたいい声でした!

ライオンが登場する本では、
えぽんずさんが身体をたくさん使いながら、会場中をかけたり
寝転んだりして、お話の世界を広げてくれました。
そのお話に合わせてピアノが入ると、草原に風が吹いたようになり、
子どもたちもじっとその音に耳を傾けていました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/