都会の、マンションに囲まれたこの場所で畑づくりを初めて約1ヶ月。夏のような暑さのおかげで、畑の植物はみるみる成長しました。ひと月前にタネをまいたとうもろこしは、子どもの身長をこす勢い。ズッキーニも10センチ近い実をつけています。この日は、まだ苗の小さいパプリカに大きな実が成っていたので、実が栄養をとりすぎてしまうと株が大きくならないということで、実を採ってみんなで試食しました。甘くて肉厚で、あまりのおいしさにみんな感動しました!子どもも大人も「おいしーい!」の大合唱でした。すべての植物がうまく育っているわけではなく、芽の出ないものや病気のもの、ほとんど成長のないものもあります。だからこそ、この実りは格別なものなのです。それにしても、始めは何ができるのかわからなかったような土地で、これだけの体験ができることに、大地の偉大さを感じる人は多いはすです。
0623046_a.jpg
さて、今日はグリグリの活動になくてはならない二人のアーティストを紹介したいと思います。植物を扱う美術家のカブさんと、コミュニケーションデザインに関わる様々な活動をしている坂倉杏介さんです。


カブさんは植物の知識が豊富で造形の発想も大変豊かなので、植物の色々な楽しみ方を教えてくれます。今回は、ビジュアル的にも楽しい「グリグリの畑マップ」を用意しくれたので、それを見ながら畑&植物観察をしました。これからも色々なツールを用意してくれる予定です。
坂倉さんは表に出てくることが少ないものの、みんながグリグリでいい時間を過ごせるように、広い視野でプロジェクト全体をみてくれる力強い存在です。グリグリでは、畑づくりに関わる色々な事柄を、参加者同士で話し合う機会がたびたび設けられているのですが、そんなときにはできるだけ多くの人が意見を出しやすいように促してくれます。それぞれ異なる分野で威力を発揮してもらうことで、グリグリならではの畑づくりが実現しているのです。
0623018_a.jpg0632093_a.jpg
カブ(美術家/深沢アート研究所緑化研究室代表)
http://www.hukalabo.com
坂倉杏介(慶應義塾大学専任講師/BOAT PEOPLE Association)
http://mita.inter-c.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation