グリグリの参加アーティストであるカブさんがデザインしたガチャガチャが、にしすがも創造舎に登場しました。中身は植物のタネ。カブさんがこれまで栽培してきた植物のタネなのだそうです。なんのタネかは出てきてからのおたのしみ!
カブ(美術家/深沢アート研究所緑化研究室代表)
http://www.hukalabo.com

IMG_2801_a.JPG日ごろ、グリグリのメンバーたちがどんな畑を作り、どんなことをしているのか体感してもらおうと、一日イベントを開きました。あそびコーナーでは、竹の水でっぽうで遊んだり、葉っぱで造形をしたりしました。「とれたてやさいかふぇ・かぼーん」では、この日の朝採れたばかりの野菜を使ったカナッペや、畑で栽培しているミントを使ったアイスミントティーなどを用意しました。グリグリのメンバーたちで考え、手作りしたものばかりです。

Read More →

070804ehon1.jpg
読んだ本:「もこもこもこ」「ひみつのがっき」「えをかこう」「まちんと」
「ひみつのがっき」では、じんくんママも読み手に参加して、みんなで体を使って楽器の形と音を表現してみました。「えをかこう」では、さやかおねえさんが絵本を読みながら教室の大きな黒板を使って絵を描き、そこに子どもたちも参加して、黒板いっぱいにみんなの絵が広がりました。

070804ehon2.jpg

070804 111_a.jpg
グリグリのグリーン&ワークショップを監修してくれているカブさんによる、造形ワークショップ(子ども対象)を開催しました。この日は「自分の木をつくる」ことにチャレンジします。畑には、たくさんの植物が植わっていて、それらの植物をじっくり観察して好きな葉っぱをまず子どもたちがえらびます。ぜんぶ違う形の葉っぱをえらぶ子や、香りでえらぶ子、葉っぱだけど集めたらどこか海草のように見えるセレクションをする子、お花もまぜちゃう子など、みんなそれぞれです。集めた葉っぱをパウチしてからハサミで切り取り、「自分の木」に葉っぱをくっつけていきます。「自分の木」ももちろん子どもたちの手づくり。かわいい、いろいろな木ができあがりました。

Read More →