MENU
前のページへ戻る

これまでのワークショップの様子はこちら

いっしょに不思議な動物たちをつくりましょう!

ひみつの島にやってきた動物たち。それは、誰も見たことも聞いたこともない生き物ばかり!言葉あそびからできる不思議な動物を絵の具などを使って絵にしてあそびます。ひみつの島にどんな物語がうまれるのでしょうか?
※汚れてもいい服でご参加ください。

日時
終了

2018/12/1(土)13:30~15:30

場所
ぞうしがや こどもステーション [アクセス]
対象

4歳から小学生くらいまでの子どもとその家族

参加費

親子1組(大人1名・子ども1名)につき【800円/1回 (家族1名追加ごとプラス200円)】
※当日精算

定員

10組(要予約・先着順)

お申込
※このイベントは終了しました。

アーティスト

たしろちさと / 絵本作家

東京都生まれ。大学で経済学を学んだ後、絵本の創作を始める。初の単行本『ぼくはカメレオン』(グランまま社)は世界7カ国語で同時出版された。『5ひきのすてきなねずみ ひっこしだいさくせん』(ほるぷ出版)で2011年日本絵本賞を受賞。2007年『ぼく うまれるよ』(アリス館)でブラティスラヴァ世界絵本原画展入選。2018年『CHUUUT』でムスティック賞受賞。その他絵本に『すずめくんどこでごはんたべるの?』(福音館書店)、『きょうりゅうオーディション』(小学館)など作品多数。

「ぼくはカメレオン」(グランまま社)

「きょうりゅうオーディション」(小学館)

 

詳しいプロフィールはこちら


これまでのワークショップの様子はこちら

【終了】ことばサーカス

(※2019年6月 アリス館より刊行)

「は」と「な」をくっつけると、なにができる?
ひらがなをいろいろにくっつけてあそんで、ことばのサーカスをいっしょにつくろう!

制作中の新作絵本『ことばサーカス』(※)の読み聞かせと、そこからはじまる絵言葉あそび。サーカスのように、みんなで楽しく絵やことばを変身させます。

日時
終了

2018/9/24(月・祝) 13:30~15:00

場所
ぞうしがや こどもステーション [アクセス]
対象

4才から小学2年生までの子どもとその家族

参加費

親子1組(大人1名・子ども1名)につき 【800円/1回 (家族1名追加ごとプラス200円)】
※当日精算

定員

10組(要予約・先着順)

お申込
※このイベントは終了しました。

アーティスト

二歩 / 文字とことばのデザインユニット

星功基と西村祐貴によるユニット。ワークショップや絵本などをとおして、もじとことばの面白さを伝える活動をしているユニットです。作品に『ことばサーカス』『こんなかおしてあいうえお』など。

 

詳しいプロフィールはこちら


これまでのワークショップの様子はこちら

【終了】だれでも えほん

みんなで おおきな えを かこう
なにいろが すき?
なに かきたい?
それだけで えほんに なる!

「わにばあちゃん」(理論社刊)「くさをはむ」(講談社刊)「シルクハットぞくは よなかのいちじにやってくる」(童心社)などの作品で受賞暦も多い絵本作家、おくはらゆめさんによる、絵本づくりワークショップ。
※汚れてもいい服でご参加ください。

日時
終了

2017/11/3(金・祝)10:30~12:00

場所
ぞうしがや こどもステーション [アクセス]
対象

3歳から小学2年生までの子どもとその家族

参加費

親子1組(大人1名・子ども1名)につき500円/1回 (家族1名追加ごとプラス200円)
※当日精算

定員

10組(要予約・先着順)

お申込
※このイベントは終了しました。

アーティスト

おくはらゆめ / 絵本作家

1977年兵庫県生まれ。「ワニばあちゃん」(理論社)でMOE絵本屋さん大賞新人賞、「くさをはむ」(講談社)で第41回講談社出版文化賞絵本賞、「シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる」(童心社)で第18回日本絵本賞を受賞。主な絵本に「チュンタのあしあと」(あかね書房)「まんまるがかり」(理論社)「ネコナ・デール船長」(イースト・プレス)「やきいもするぞ」(ゴブリン書房)「くろいながい」(あかね書房)「しっぽがぴん」(風濤社)などがある。

「くさをはむ」(講談社刊)

「ワニばあちゃん」(理論社刊)

詳しいプロフィールはこちら


これまでのワークショップの様子

これより前の記事はこちら