MENU
前のページへ戻る

ASIAS実施の流れFlow of ASIAS

ASIASでは、学校の先生や児童養護施設職員の方の希望をもとに、学校・クラス・施設の状況に応じて、先生・職員、アーティスト、コーディネーター(“芸術家と子どもたち”スタッフ)の三者で話し合い、意思疎通を十分に図りながら、オーダーメイドのワークショップ型授業を組み立てていきます。

<実施の流れ>

★依頼方法

1)先生・職員からの直接の依頼 ※1

お申込み締切:当該年度の5月までに「ASIAS申込フォーム」より

2)教育委員会や自治体などを介した依頼 ※2

パフォーマンスキッズ・トーキョーなど (実施希望書などの提出)

 

★実施の流れ

① 電話での簡単なヒアリング
お電話にて、希望内容等のヒアリングを行います。
② 実施の決定
内容やスケジュールを考慮して、事務局(芸術家と子どもたち)が実施校・施設を決定します。その後、事務局から各実施決定校・施設へご連絡し、打合せ日程のご相談をします。
③ 打合せ(1回目)
 コーディネータによるヒアリング
コーディネーターが実施校・施設を訪問。希望するワークショップの内容、スケジュールなどについてヒアリングを行います。
④ 派遣アーティスト決定
ヒアリングを元に、コーディネーターが、先生・職員の希望に最適と思われるアーティストを検討、アーティストと連絡を取り決定します。
⑤ 打合せ(2回目)アーティストを交えた打合せ
 (授業の1~2カ月前/必要に応じて複数回)
コーディネーターと一緒に、派遣アーティストが学校・施設を訪問。担当の先生・職員と、ワークショップ内容の詳細を打ち合わせします。
⑥ アーティスト・ワークショップの実施
コーディネーター立ち会いの下、ワークショップを実施。放課後などを利用し、担当の先生・職員、アーティストと一緒にワークショップを振り返り、次回に向けての打ち合わせを行います。(以降同様)
⑦ 実施終了
パフォーマンスキッズ・トーキョー(学校・児童養護施設)の場合は成果発表の場を設けます。

※1 原則として、都内の公立小中学校、特別支援学校及び児童養護施設、障害児入所施設を対象としています。企業財団などの支援を受けて実施している事業ですので、原則として学校側や施設側に財政的な負担をお願いすることはありません。

※2 NPO芸術家と子どもたちが、特定の教育委員会や自治体等と協働して実施している事業に限ります。
・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/「パフォーマンスキッズ・トーキョー」
・豊島区教育委員会/「次世代文化の担い手」育成事業
・豊島区文化デザイン課/「子どものための文化体験事業」
・公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団/「ふれあいアート事業」 など

授業の実施例はこちら