MENU
前のページへ戻る

参加アーティストArtist

中村 蓉 (なかむら よう)

振付家・ダンサー

1988年生まれ。早稲田大学在学時コンテンポラリーダンスを始める。踊る身体を媒介に、音楽・言葉・物語・小道具を総動員して作品世界を創り上げる。ルーマニア・シビウ国際演劇祭、東アジア文化都市式典(韓国光州・横浜)など、国内外で作品を上演している。〈歌謡曲スイッチ〉と題し、八代亜紀「雨の慕情」テレサ・テン「つぐない」など、名曲の歌詞に登場する人物になり切って踊るダンスワークショップを各地で展開中。二期会オペラ『ジューリオ・チェーザレ』やロックバンドsumika「MAGIC」MVの振付も担当。郷ひろみ「笑顔にカンパイ!」(振付:近藤良平)アブリル・ラヴィーン「Hello Kitty」(振付:井手茂太)のMVにも出演。
観れば思わずニヤけてしまう、踊れば愉快な気分が止まらない!そんな振付を創り出している。
受賞歴:
2012年ダンスコンテストNEXTREAM21審査員特別賞、第1回セッションベスト賞
2013年横浜ダンスコレクションEX審査員賞・シビウ国際演劇祭賞
2014年トーキョー×ソウルデュオダンスフェスティバル人氣賞
2016年第5回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞

写真=金子愛帆