MENU
前のページへ戻る

参加アーティストArtist

森下 真樹 (もりした まき)

ダンサー・振付家

2003年ソロ活動開始、以降10か国30都市以上でソロ作品を上演。近年より、演劇・音楽 ・美術など様々な分野のアーティストとコラボレーションをし活動の場を広げる。また 「100人100様」をモットーに全国各地にて幅広い世代へ向けたワークショップも盛んに行う。周囲を一気に巻き込み、独特な「間」からくる予測不可能、奇想天外な動きで展開されるユニークでパワフルなワールドが特徴。2013年、現代美術家・束芋との協働作品『錆からでた実』を青山円形劇場にて発表し、第8回日本ダンスフォーラム賞を受賞。2016年、女優・満島ひかり✕音楽家・玉井夕海✕森下真樹のパフォーマンスを京都清水寺にて上演、好評を博す。2017年12月にはベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を、MIKIKO氏(演出振付家)、森山未來氏(俳優・ダンサー)、石川直樹氏(写真家)、笠井叡氏(舞踏家・振付家)などの振付によりソロダンス公演を予定。2015年度より(公財)セゾン文化財団シニア・フェロー。04年、横浜ダンスコレクション2004ソロ×デュオ< Compétition >にて(公財)横浜市芸術文化振興財団賞、05年、東京コンペ♯2にて優秀賞を受賞。

写真=427FOTO