MENU
前のページへ戻る

参加アーティストArtist

伊藤 千枝 (いとう ちえ)

振付家・演出家・ダンサー・珍しいキノコ舞踊団主宰

1990年「珍しいキノコ舞踊団」を結成。以降全作品の演出・振付・構成を担当し、国内外で作品を発表している。公演は劇場の他、美術館の中庭や映画館、事務所やカフェなど、カラフルな舞台美術や衣装とともにあらゆる空間で上演。その様々な空間で立ち上がるダンスを観客とともに体験し、それぞれの場所、それぞれの身体がもっているダンスを探り「楽しむ」ことを目指している。またワークショップも多数行っており、ダンス経験者はもちろん、ダンス初心者向け、幼児、小学生向けに行うことも多い。ジャンルにとらわれず、それぞれの身体の持つダンスを他者と共有し、触れ合いながら、身体やダンスの「楽しさ」を体感することを目指している。その他、映画、映像作品、コマーシャル、演劇への振付、出演、他のアーティストとのコラボレーションなども行っており、その活動は多岐にわたる。2005年から桜美林大学の非常勤講師を務める。03年から04年にはNHK教育テレビ「ドレミノテレビ」の振付を担当。他に、荻上直子監督の映画『めがね』の振付、UAの曲『黄金の緑』の振付など。04年『FLOWER PICKING』は国内公演の後、スウェーデンの野外劇場にも招聘され、2日間で7000人を動員し注目を集めた。