夏休みが始まる7月は、2年1組親子向けワークショップを2回行いました。今年度三回目となる7月30日は、『みんなでなりきり!げきあそび』という演劇のワークショップでした。アーティストは演劇企画「思考動物」の前嶋ののさん、関根好香さん、そして音楽担当の大橋エリさんの3人にお越しいただきました。

小さい子も対象にした演劇ワークショップということで、演劇的要素がどこまで子どもたちに伝わるか多少の不安もありましたが、絶妙なプログラムの内容と、保護者の方々の積極的な参加により、見応えのあるワークショップとなりました。
まずはストレッチやランニングで身体と心をほぐします。ストレッチも身体だけではなく、顔の表情をほぐすことも取り入れ、みんなの面白顔に笑い声もちらほら。みんなで真中に集まったり、散らばったりという動きの後、ランニング中には、前嶋さんたちからクッションなどが投げ入れられ、テンポよく周りの人にパスを回しながら教室の広さや危ない場所を感覚でつかんでいきます。

その後は、大橋さんの音楽に合わせて、猿が人間になっていくまでを身体で表したり、「ここは海の中」という設定のもと、魚やワカメに成りきったりしました。

続いては、声を使った内容で、いろんな擬音語を考えて声をパスしたり、みんなで寝転がって目を閉じ、ジャングルに聞こえて来そうな音を考えたりしました。鳥の声やターザンのような声、どこかから何か動物がやってくる足音と、ジャングルで開かれるお祭りなど、少しずつイメージを広げていきました。

そして最後にはグループに分かれ、前嶋さんから一枚ずつポストカードが渡されました。そのポストカードの絵を、グループの全員で、身体で真似してみようというのです。最初はそのお題に少々驚いている人たちもいましたが、「え~っ!」と言いながらも、相談してとにかく身体を動かしてみます。なかなか難しい絵もありましたが、グループで協力して何とか形を作り上げていきました。

そしてそして、仕上げは、その絵から短いお話を作っての発表会を行いました。椅子やボールなどちょっとした小道具も取り入れて、熱心な相談の後、いよいよ発表です!

出来あがったお話は、モデルの絵を描くお話、いなくなった猫が帰ってきたお話、赤ちゃんたちが泣いたり遊んだりしているお話、謎の卵が鳥に割られて魚が登場するというお話、という4つの物語でした。たった一枚の絵から、場面の設定やセリフを考え、そこに登場する動物や人間のしぐさや表情にも工夫を凝らし、どれも続きが気になる見事な出来栄えでした!

「物語の中でわたしたちは、どこへだって行けるし誰にだってなれるんだ。自分じゃない誰かになってみたら、誰かの心がわかるかもしれない。それが『えんげき』。」という前嶋さんのメセージの通り、『えんげき』の楽しさを体感した一日でした。

今年度第二回目の2年1組親子向けワークショップは、『音とからだ de アンサンブル』という音楽ワークショップでした。アーティストは、ナカガワエリさん率いる「即興楽団UDje()」さんです! ※「UDje( )」=「ウジャ」と読みます

タイコや民族楽器におもちゃ楽器、ペットボトルなど廃材を利用した手作り楽器に、声もからだも楽器のひとつとして、「みんなちがってみんないい」をテーマに、み~んなで即興アンサンブルを奏でました。

音楽室にはいろんな種類の楽器が大量に用意され、今か今かと参加者の方々の到着を待ちます。そして音楽室に入ったらすぐさま、子どもたちは好きな楽器に触り始めます。どんどん人が増えて、音も増えていく、いつのまにやらアンサンブルは始まっているのです。

UDje()さんたちの刻むリズムが、子どもたちのリズムを引き立て、包み込み、ナカガワさんが教室中を動きまわりみんなを盛り上げます。最高潮に達したところでフィナーレ!!自然に音楽が生まれる素敵な瞬間です。
そして、少し落ち着いたところでナカガワさんからご挨拶、そのままの流れで、その場にいた人みんなで大きな輪を作り、声やストレッチをして場をほぐします。たくさん人数がいると簡単な動きもお互いのことを考えながらでないとできなかったり、楽器を使った子どもたちのアドリブもあったりと、みんなの顔がほころびます。

そんな準備運動(?)の後は、また早速アンサンブルの開始です。子どもたちは自由にいろんな楽器を使ってあれやこれやと音を出してみて、時にはナカガワさんの合図に目を凝らしながら演奏していました。

何度が盛り上がりを迎えた即興アンサンブルですが、ときどき大量のピンポン玉が投入されたり、カラフルな風船が飛んできたりと、子どもを惹きつける工夫が絶妙でした。
最後には声を使ってのアンサンブルもしました。いくつかグループに分かれ、それぞれが発する言葉なき言葉の重なりを楽しみました。楽器だけでなく身体も使って、「楽しくってリズムが、動きが、どうにも止まらない!」そんなワークショップがあっという間に終わってしまいました。

「即興楽団UDje()」の皆様は、9月4日のお祭りでも、ぷちライブを行って下さいます。皆様のお越しをお待ちしております!
詳細、お申し込みはこちらへ→『親子で楽しむ ぷちライブ!vol.9

7月2回目のワークデーも、夏らしい暑さの中、畑の恵みを満喫した一日となりました。午前中はいつもと少し趣向を変えて、すぐに畑には行かずに、畑の看板作りチームとHER部チームに分かれて活動開始です。看板チームは、カモカフェ前の場所をお借りして、カブさんが切ってくれた文字に、大人も子どももせっせせっせとやすりをかけました。ペンキがきれいに塗れるように、みんなとても丁寧に作業をしていました。

その間、HER部はみんなにハーブティーを振舞うべく悪戦苦闘。ハーブを摘みに行ったり、ミントシロップを作ったり、試行錯誤を重ねていきます。そして、看板のやすり作業が終わった頃にちょうど出来上がったハーブティーは、暑さでカラカラになった喉を生き返らせてくれ、とても美味しかったです!ちょっと作業をした後に、ハーブティーを飲みながら一休み、という流れがすっかり気に入りました。
さて、一休みした後は、夏の野菜を収穫しに少し畑で作業をしました。ナスやとうもろこし、トマト、と~っても長いササゲもたくさん採れました!


お昼休みにはもぎたてのとうもろこしを湯がいたり、枝前も大量でご馳走でした。甘~いとうもろこしに、絶妙な塩加減の枝前、「暑い夏も悪くないな。」と思った瞬間です。

そして午後からは、看板の色塗りを開始しました。木陰に場所を移動して、カラフルな色を塗り、仕上げにはスポンジスタンプを使って飾っていきます。

造形よりも畑作業をしたいチームは、畑で雑草を抜いたり、バラのアーチの剪定をしたり、暑さに負けずに手入れを行いました。中学生2人はものすごい勢いで雑草を刈っていて、見違えるように畑がすっきり、草に埋もれていた水道の蛇口も随分使いやすくなりました。

完成した看板は、色とりどりで賑やか、畑に飾られる日が待ち遠しい出来具合です!畑もすっきりして、看板の出来に満足して部屋へ戻ると、教室の黒板には何やら計算式がたくさん書かれていました。お父さんチームが、畑につくる柵をどんな間隔で作っていくのか、カブさんも交えて作戦を立ててくれました。

9月4日のお祭りまでに看板も掲げて、素敵な柵も完成できているのか乞うご期待!

読んだ絵本:「ひまわり」「もこもこ」「ただのおじさん」「どうやって寝るのかな」「知らざあ言って聞かせやしょう」など
7月のえほんの会は、夏日にも関わらずたくさんの方にお越しいただきました。心なしかいつもよりお父さん方の参加が多かったような気がします。まずは身体を小さくしたり、伸ばしたり、いつのまにかそれがタネになり、花になるという動きで身体をほぐします。

そのまま一冊目の絵本、「ひまわり」が始まりました。夏の日差しをめいっぱい受けて、ドンドンドンドン伸びていくひまわり、時にはザーザーの雨に振られながらも、最後には「ドオン!」と大きな花を咲かせました。

子どもたちもたくさんいたので、ここからは一人いくつも楽器などを持って、音楽隊としても大活躍です。「はたけのやさい」では、大根に人参、キュウリ、畑のおじいさんが寝ている間に、野菜たちがダンスや音楽、キャッチボールを楽しむ世界をみんなで作りました。
午前のしめくくりは、たくさん来てくれたお父さん方も巻き込んで、「ただのおじさん」という絵本を読みました。おじさんのところに訪れるゾウややぎ、ねずみとの会話が絶妙です。お父さん方には、おじさんのセリフを読んでもらいました。ライオンがたてがみを切って虎ガリにしてもらった後、「ライオンになぜたてがみが必要か、何となく分かりました。」と言ってみたり、大人も思わずクスッと笑えるようなお話でした。
午後の部は、さらにたくさんの方々がお越しになり、元気いっぱいの子どもたちのエネルギーが充満していました。

最初に少し身体を動かしたので、そのまま「どうやって寝るのかな」でコアラやコウモリなどなど、動物がどうやって寝るのかみんなで考えました。コウモリは「ひっくり返って寝る!」の回答に、後藤さんがコントラバスを逆さに!フラミンゴの寝方を聞かれたお母さんは、片足で立ちながら手を翼に見立てて上半身を包むという、素敵なポーズを実演して下さいました。

そして、みんなのエネルギーを有効活用するべく読んだのは、「知らざあ言って聞かせやしょう」です。みずゑさんのパフォーマンスにみんながグッと引き寄せられました。子どもたちはバケツ太鼓であいの手を入れてくれます。お父さんやお母さんが方にも朗読に参加してもらったのですが、ほんとに歌舞伎役者のようなお父さんもいて思わずみんなで拍手!

8月は「えほんの会」はお休みで、次回は9月3日(土)です。きっとまだまだ暑い夏は続きますが、皆様のご参加をお待ちしております。
—————————————————–
☆4月のえぽんずさん:俳優
(たけうちみずゑさん)
ゲスト:
後藤 勇さん(コントラバス弾き語り)
http://gotosong.web.fc2.com/

ぐっと夏らしい暑さになって事務所ではうちわが大活躍な今日この頃、畑の緑もぐんぐん濃くなって、植物には太陽が必要なのだと、当たり前のことを強く実感する毎日です。3日のグリグリワークデーは曇り空で少し風もありましたが、やはり畑仕事をするとどんどん暑くなって、しっかり汗をかいた一日でした。

午前中は畑のお手入れです。所構わず勢力を伸ばしている雑草を抜いたり、夏野菜の収穫をしたり、ジャガイモも掘り起こしました。中学生のお兄ちゃんがざっくり土を掘り起こし、その中からみんなでじゃがいもを探します。「まだあるかもしれない!」とかなりの時間をかけて探していました。

そして、この日から活動開始のHER部は、門のところでハーブブーケの販売を行いました。子どもたちもお客さんを集めようと大活躍、初めての試みでしたが、お買い上げくださった皆様ありがとうございました!

お昼には、バジルなど畑のハーブと唐辛子を使って、ボランティアの方々が、ぺペロンチーノと冷製パスタを作ってくれました!ハーブの香りが食欲をそそり、あっという間に売り切れてしまいました。

午後からは、グリグリの活動について大人たちが作戦会議です。HER部の今後の課題や、ターフ部も発足、夏に向けてグリグリは盛り上がります!

一方、その間子どもたちは、みどりのカーテンを虫から守るべく、キラキラ造形を行いました。もう大人の背丈も追いこしているベランダのみどりのカーテンが、子どもたちの作品によってさらに賑わいました。コウモリのフンでできた肥料もあげて、屋上まで届くことを願いました。

一度畑に出てジャガイモの跡地に人参のタネを捲いたり片付けをした後は、教室で早速ターフ部の活動が始まりました。段ボールで三角の型紙を作り、持ち寄った古着をどんどん切っていきます。そして10枚づつ縫い合わせるのがターフ部の宿題となりました。

そんな布切り作業が進む片隅で、HER部のために、子どもたちが協力して素敵な看板も作成しました。実はお昼前から中学生のお兄ちゃんが進めていてくれたものですが、午後から参加した子どもたちもいつの間にか参加して、素敵なイラストの入ったカラフルな看板が完成したのです!
メンバーがやりたい事をやって、ゆるやかながらも、グリグリらしいペースで活動は続きます。