今年度第一回目の2年1組親子向けワークショップは、美術家の谷山恭子さんをお迎えして、『みんなでつくろう 大きな木』という造形ワークショップでした。

夏を目前にぐんぐん成長する木をテーマに、にしすがも創造舎にもみんなで大きな木を作りました。谷山さんが組んだ土台に、参加者が様々な素材を使って飾り付けていきます。ピンク、オレンジ、緑に青など発色がきれいなテント地、大きなロール状のアルミホイル!、毛糸にすずらんテープ、紙コップ、段ボール、にしすがも創造舎の校庭で採ってきた枝や葉っぱ、ペンキも使って、みんな思い思いの作品を作っては木の周りにくっつけていきます。

お花を作ったり、形は定まらなくとも色で遊んだり、キラキラや毛糸で飾り付けた宝物のような枝を作ったり、お母さんと一緒にライオンやキツネを作ったり、お父さんと一緒に自然ロボットを作ったり、みんなの想像力が豊かに広がって、素敵な素敵な大きな木が出来上がっていきます。

アルミホイルはクシャクシャッとすれば簡単な彫刻の素材のようで、子どもたちにも扱いやすい素材でした。これが気に入った男の子は、蛇をどんどんどんどん木の周りに巻きつけて、最後には木の中にまで世界が広がりました。いつの間にか子どもたち同士、親同士の交流もゆるやかに生まれ、偶然同じ名前の男の子二人は立派に共同作業をしていました。

みんなが作り終えた後には、大きな木をみんなで眺めて一人ひとりの作品を鑑賞しました。紙コップと毛糸でできた、可愛い毛虫がいたり、トンボもいれば、不思議なドアもある、色とりどりでとっても豪華な大きな木でした。鑑賞中は、みんなのアイデアに感心したり、自分の作品をほめてもらえて誇らしげだったり照れくさかったり、子どもたちの反応も楽しいものでした。

鑑賞後には、自分で作った部分をお持ち帰りしました。発表には間に合わなかったけれど、アルミホイルで鳥を作っていた子も、最後までちゃんと完成させて嬉しそうに帰っていきました。自然ロボットを背負って帰るというアイデアにもびっくり!

とっても素敵な作品なのに、置いておけなくて残念でしたが、みんなと作っている間の楽しかった時間、賑やかであたたかな空気は、何もなくなった教室にも心地よく漂っていました。

にしすがも創造舎のエントランス・プロジェクトの6月は、みどりのカーテンを作る、『光のつぶを集めよう』 ~キラキラ!みどりのカーテンづくり~というワークショップでした。アーティストは、グリグリでもお世話になっているカブさん、グリグリスタッフやメンバーも参加して、造形あり、植栽ありの賑やかな午後となりました。

挨拶のあと、参加者の皆様とカブさんの説明付でグリグリ畑を見学して、みどりのカーテンで植える植物の説明をした後に、早速、植物の成長をサポートするものを作る造形ワークショップを行いました。

キラキラしたものは虫が嫌がるということで、アルミホイルや、キラキラする折り紙やシールなど、様々な素材を使ってラミネートシートの上でイメージを形にしていきます。子どもはもちろん、大人もそれはそれは一生懸命で、机の上にもキラキラの世界が広がりました。

カブトムシや雨のしずく、クモの巣からケーキにお花、幾何学模様など、十人十色な作品ができあがりました。ラミネートされた完成品が機械から出てくるのをじっとみつめる子どもたち、嬉しそうに自分の作品を飾る大人に子ども、まだまだ作り続けられそうな雰囲気でしたが、いったん休憩をはさんで、後半は植栽の開始です。
場所をカモカフェ前に移動して、まずはおいしい土を作ります。馬のたい肥や腐葉土、くんたんにバーミキュライトなどをみんなで混ぜ混ぜ、栄養いっぱい、ふかふかの土が出来上がりました。

出来た土と培養土を鉢の中でさらに混ぜ合わせて、いよいよ苗を植える準備が完了です。おいしい土をボールに分けてくれた男の子は、まるでお店番のようでした。植えたのは、白ゴーヤ、豆と芋が同時にできるというシカクマメ、黄色やオレンジの可愛い花の咲くツンペルギアなどです。

暑い夏を乗り切るため、藁をかぶせた後に鉢を渡り廊下の前に移動して、みんなで作ったキラキラを思い思いに飾りつけました。

キラキラに守られて、素敵なカーテンができるのが楽しみです!

読んだ絵本:「へんてこ へんてこ」「ドオン!」「すごい島」「へんしん へんしん」「かいじゅうたちのいるところ」など
6月のえほんの会は、ちょっとお天気が心配な曇天でしたが、教室に吹き込む風は程よく涼しく、気持のよい一日となりました。
前回に引き続きコントラバス弾き語りの後藤さんがゲストとして参加、いろんなものに変身したり、かいじゅうの世界へ出かけたり、身体と音をめいっぱい使って絵本の世界を広げていきました。

「ドオン!」は、いたずらばかりする鬼の子ドンと、人間の子こうちゃんが出会い、それぞれの世界の人たちも巻き込んで、み~んなで太鼓をドンドコドンドコ鳴らします。お話を聞いてる子どもも大人も、カラフルバケツや太鼓を使って、ドンドコドンドコ、最後にはみんなで「ドオン!」と合わせました。

「いろいろじゃがいも」は、午前も午後も読みました。午後の部では、なんとロック調!じゃがいもとロックの相性が良いとは新しい発見でした。じゃがいもからどんな料理ができるか、また、どんなじゃがいも料理が好きかなども聞いて回りました。ちなみに、えほんの会ではポテトサラダが三票獲得で一番人気でした!

「ねこのセーター」と「わたしのワンピース」では、えぽんずさんが、布や、この日偶然着ていたうさぎのパーカーを上手に使って、セーターやワンピースを表現し、子どもたちも花の代わりに虹色のベルを持ってきたり、ねこ用にクッションを持ってきてくれたり、一緒に世界を表現していきました。

—————————————————–
以下に、えぽんずによる絵本の読み聞かせの音データをアップします。
即興で演じたものを簡単な機材で録音したものですので、お聞きぐるしい点もあるかと思いますが、夜の世界や、島ではどんな事が起こっていたのかなど、想像しながら聞いてみて下さると嬉しいです。
絵本/「よるくま」 著:酒井 駒子
読み聞かせ/えぽんず+コントラバス

[VOON] 2011.06.12_ehon_yorukuma
絵本/「すごい島」 著:吉田 カツ
読み聞かせ/えぽんず+コントラバス

[VOON] 2011.06.12_ehon_sugoisima
—————————————————–
☆6月のえぽんずさん:俳優
(たけうちみずゑさん、田中晶さん)
ゲスト:
後藤 勇さん(コントラバス弾き語り)
http://gotosong.web.fc2.com/

曇天で、思いのほか気温が上がらなかった日曜日、畑仕事にはちょうどいいお天気の中、グリグリのワークデーを行いました。新メンバーの方々も数回参加して雰囲気に慣れ、メンバー同士のつながりの広がりを実感する一日となりました。誰が誰の子どもで、誰が誰のお母さんお父さんか分からないような、みんなが一つの家族のようになっていけば良いなと思います。
さて、この日はまずさつまいもの苗を植えることから始まりました。4月16日の畑体験で植えてもらったクローバーが茂る土をクローバーごと耕して、紅小町(甘味が強く、美味しい!)と、紫芋パープルスイートロード(中が紫でお菓子の材料として大人気!)という二種類を植えました。

そのあとは、畑の手入れを行いながら、ピーマンやナス、ワイルドストロベリーにアスパラガス、バジル、サニーレタスなどを収穫しました。お昼にはドレッシングも作ってサラダにして食べました。

そして、午後からは「みどりのカーテン」を作りました。カブさんによって白い水玉がペイントが施された鉢に、お母さん方の「かわいい~!」の声が飛び交いました。子どもたちは、美味しい土を作るのに大活躍で、去年使った土に、バーミキュライト、腐葉土、馬のたい肥を入れてみんなで混ぜました。鉢にはビーナスライトを敷き、子どもたちの作った土に培養土も混ぜました。みんなで一緒に植えた苗は、オバケトケイソウ、トケイソウ、ナツユキカヅラ、スネイルフラワー、琉球アサガオ、西洋アサガオです。どんな「みどりのカーテン」になっていくのか楽しみです。

一方、お父さんチームは「みどりのカーテン」に欠かせないネットを抑えるための土のう作りに大活躍でした。ベランダから屋上にかけてネットを張るため、土を詰めて屋上に運ぶという重労働で、お父さんなしには成し得ない作業でした!

そしてそんな「みどりのカーテン」づくりは、6月18日(土)に一般の方の参加も可能なワークショップを行います。植物の成長をサポートするキラキラ光る作品を作る造形ワークショップに、タネのプレゼントもご用意して、親子で、お友達と、などなど皆様の参加をお待ちしています!
(申込方法など詳細はこちらへ→『光のつぶを集めよう』 ~キラキラ!みどりのカーテンづくり~