12/14(土)は絵本作家の飯野和好さんによる
『かっぱに変身!』のワークショップでした!
子どもたちが「かっぱ小僧」の姿になる造形ワークショップです。

 

 

 

 

 

 

 

拍子木を持って登場した飯野さん。
かっぱになるためには、
まずは、くちばし。
そして、あたまのお皿と髪の毛。
甲羅がついて、
最後は、蓑。
手には魚ときゅうりがついた篠竹を忘れずに!
みるみるうちにかっぱ姿になっていく飯野さんを
子どもたちも楽しそうに見ています。

 

 

 

 

 

 

 

普段は触れないような稲わらを使って蓑を作るので、
大人も真剣そのもの。
子どもたちと役割分担をしながら、
カラフルなかっぱたちになっていきました。
飯野さんがいろんなかっぱを描いた絵本『妖怪図鑑』は大人気。
見本の甲羅は真っ白だったのですが、
子どもたちはかっぱをイメージして
好きな色や模様を描いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、かっぱ姿で鬼子母神まで練り歩くことに!
太鼓や鈴を鳴らしながら、かっぱの一行が
歩いていく姿のかわいいこと。
鬼子母神にあそびに来たかっぱの妖怪たちに
町の方たちが温かく手を振っていました!

 

 

 

 

 

 

 


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

9/24(月・祝)は絵本作家シリーズ『ことばサーカス』でした!
アーティストは文字とことばのデザインユニット「二歩」さんです。

まずは、二歩さんが来年6月に刊行される絵本「ことばサーカスのくっつきふうせん」の読み聞かせから。
みんな身を乗り出してじっと聞いています。途中には子どもたちが大笑いのページも!
今日はこの絵本のように、もともとある言葉に新しい言葉をくっつけて、
は→はな→はなび
のように、言葉や絵を変身させていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームに分かれて言葉と絵をつくっていくことに!
二歩さんが、子どもだけでやりたい人を聞くと、すぐに子どもたちの手が数人挙がりました。
子どもチーム、親子チーム、大人チームに分かれて、早速まずは言葉をくっつけるところからスタート。
子どもチームはあっという間に完成!なんたる早さ!
同じチームの中でもいろんなアイディアや言葉が出てきました。
それぞれの言葉を繋げて、どんなストーリーができそうか、二歩さんと相談。

そして、言葉を絵にしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は発表タイム!
みんなが作った言葉をご紹介します。

は→はる→はいる

ひ→ひる→あひる

か→かば→かばん

か→かも→かもめ

と→とり→にとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもとても素敵なことばのサーカスでした!
子どもも大人もとても楽しそうで、あっという間にチームの結束力もできあがっていましたよ。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

 

 

本日11/1(金)は絵本作家シリーズの「だれでも えほん」でした!
えほん作家のおくはらゆめさんによるワークショップです。
参加者がつける名札は、ゆめさんの手作り!一つひとつ違う動物や虫が描かれています。
ライオンやキリン、鳥などたくさんの中からどれを選ぼうか、みんなの表情もすでに楽しそうです。
 
今日のテーマは「お祭り」です。
まずはゆめさんが、物語の主人公、イノシシくんとリスくんをその場で描きお話を始めました。
「お祭りに行きたいけどまだ行ったことがない二人のために、どんなものがあるか教えて」というと、
おみこし、たこやき、花火、金魚すくい、ヨーヨーなどお祭りならではのものがたくさん出てきました。
 
自分が描きたいお祭りのお題を決めたら、さっそく筆を持ってスタート!
子どもたちは躊躇なく、大きな紙にどんどん描いていきます。動物にはっぴを着せる子もいれば、
手のひらで花火を描く親子、折り紙をちぎって貼る子もいて、大人も子どもも夢中になっていました。
段ボールで、立体的におみこしを作る親子も!
イノシシくんとリスくんの周りに、にぎやかなお祭りの絵がどんどんできていきました。
 
仕上げは太鼓と「ワッショイ!」の掛け声で、スポンジにつけた絵の具をみんなでポンポンしたら、
お祭りの完成!距離を置いて見ると、紙いっぱいにお祭りの絵があって、
あちこちからお祭りの楽しそうな声が聞こえてきそうでした。
 
最後に、この絵にお話をつけてくれた子がいました。
イノシシくんもリスくんも、たこ焼きやわたあめを食べたり、花火を見たり、
ヨーヨーつりをして、お祭りをとても楽しんだようです。
 
この大きな絵はしばらくの間、会場に飾っておきますのでぜひ見に来てくださいね。
————————————————————————————-
ぞうしがや こどもステーション