2/23(土)は区民ひろば目白に出張して、「読んで遊んでえほんの会」を開催しました!

 

 

 

 

 

 

ぞうしがや こどもステーションから徒歩で行ける距離の「区民ひろば目白」
お天気もよく、たくさんの親子が参加してくれました。

会場には大型絵本やフラフープ、帽子や楽器などがランダムに置かれていて、
部屋に入った瞬間に「楽しそう!」と言う子も。
あくびをテーマにした絵本では、みんなで大あくび!
いろいろな動物のあくびをイメージしてやってみました。
「足であくびしてみよう」というえぽんずさんの言葉に、
ある女の子が「足」でカバのあくびに挑戦!
みんなも足を使ってカバの豪快なあくびを真似しました。

 

 

 

 

 

 

 

大きな大きな世界地図も登場しました!
みんなの頭上を通って床の上へ置かれた世界地図。
「ハローって挨拶するのはどこの国?」と、その国を探して
みんなで地図の上を歩き世界を旅しました。
赤ちゃんも広い世界をハイハイで旅していました!
次はどこの国の絵本を読むのかな?

 

 

 

 

 

 

他にも、布を使って絵本の中の生き物を演じたりと、えぽんずさんのアイデアがいっぱい!
あっという間の1時間でした。

 

 

 

 

 

 

 


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

2/11(月・祝)は「読んで遊んでえほんの会」でした。
雪が少しちらつく中でしたが、たくさんの親子が参加してくれました!

始まる前から部屋の真ん中にたくさん楽器が置いてあって、自由に楽器を鳴らしてスタートしました。
まず最初の絵本では、エレベーターガールに変身した、えぽんずのたけうちみずゑさんが
みんなをエレベーターに乗せてお買い物のお手伝い。
エレベーターガールのような口調でご案内をすると、会場は笑いに包まれました。
子どもたちはエレベーターに乗っているように、お父さんやお母さんの膝の上で揺られながらいろいろな階に行くのが楽しそう!
ただのお買い物ではなくて、へんてこな階もあって、みんなで大笑いしながら楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

物語に合わせて壁一面に春の絵が飾られる絵本もありました!
花や鳥、カエルなど明るくてかわいい絵で、一気に明るい雰囲気に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぽんずさんによるたくさんのしかけで、今日も賑やかな1時間でした。

次回のえほんの会は2/23(土)11:00~12:00に「区民ひろば目白」で開催します!
詳細はぞうしがや こどもステーションWEBサイト内のえほんの会プログラムページへ!


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

12/15(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。
今日はみんながワクワクするしかけがいっぱい!

まずは、「バンジョー」という楽器の演奏で
絵本に合わせて歌いながら物語が進んでいきます。
子どもたちもお母さん、お父さんもリズムにのって、自然と手拍子がでました。
参加している赤ちゃんも、お母さんの膝の上で音楽に合わせて揺れて
心地よさそう!

 

 

 

 

 

 

 

おばけが出てくる絵本からは、実際に大きなおばけが登場する場面も!
おばけが寒くならないように、セーターやマフラーを着せてあげたり
みんなでクリスマスケーキをあげたり・・・
最後はケーキだらけのおばけちゃんになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新聞紙でダイナミックにあそぶ絵本も!
紙を破いたり、ふわっと舞わせたり、からだをいっぱい使って
大人も子どもたちも楽しんでいましたよ。

 

 

 

 

 

 

 


ぞうしがや こどもステーション
https://www.children-art.net/aws/zoshigaya/

10/27(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!
午前中で雨が止んでお天気になり、たくさんの親子が参加しました。

お父さんの参加も多く、「えほんの会」で大活躍!
参加したお父さんたちは大きな木になって、子どもたちがその木のまわりを
歩いたりしました。
大きく揺れる木、挨拶をかえす木など、お父さんたちの木がユニークでみんな大笑い。

 

 

 

 

 

 

絵本の物語に合わせて手づくりパペットを使う場面もありました。
パペットはみんな違う布の素材でできていて、質感がそれぞれ。
子どもたちはみんな近寄って、じっとその動きを見ていました。
ギターの生演奏も入り、ゆったりじっくりと絵本の世界を味わいました。

 

 

 

 

 

 

カラフルうな葉っぱが舞ったり、
からだでいろいろな虫のかたちになってみたり、
楽器を鳴らしたり、
歌を聴いたり、
えぽんずさんの素敵な演出であっという間の1時間でした。

みんな、また遊びにおいで!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

本日9/15(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした!
雨の降る中、たくさんの親子が集まってくれました。

からだを動かしたり、絵本の中のセリフをお父さんやお母さんに読んでもらったり、
子どもたちが探検隊になったり!
今日も参加するところがいっぱいでした。

 

 

 

 

 

 

 

絵本をもとにした歌を、手話を使って一緒に歌ったりもしました。
慣れてきたらテンポアップ!
子どもたちもえぽんずさんの真似をしながら楽しそうに歌っていました。
動物は手で耳を作るなど、手話はまるでダンスのようです。
あっという間の1時間で、終わったあとも子どもたちは楽器で遊んでいました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

8/4(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日も音楽盛りだくさんで、からだをいっぱいつかって楽しみました!

海をテーマにした絵本のときには、会場に海がやってきました!
(実は風船がたくさん入った大きな布なのです。)
子どもたちは海の上で大はしゃぎ!中には海デビューを果たした子も。
波の音がする手づくりの楽器で、ザザーという音も聴こえ、
涼しくなったような気がしました!

おばけが出てくる絵本では、本当に真っ白なおばけが登場!
なんと一反もめんまで!!
出てきた瞬間に怖がる子や、かわいらしいおばけを楽しむ子まで反応は様々でしたが、
みんなで一緒に、おばけなんてないさ~の歌を歌って
おばけとバイバイしました。

最後は楽器を使ってリズムあそびをしたり、思いっきり楽器を鳴らしたりと
あっという間の1時間でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

7/7(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

音楽と絵本をたくさん楽しむ一時間でした!
子どもたちよりずっとずっと大きなコントラバス。
そしてときに心地よく、ときに激しく奏でるギター。
文字がなく、絵だけの絵本に音が物語を語っていく
という時間もありました。
大人だけでなく、赤ちゃんたちも集中して音を感じていました。

みんなが好きな楽器を持って参加するところもありましたよ!
その中をあちこち動き回るえぽんずさんと一緒に、
鳴らしてよし!踊ってよし!声を出してよし!
みんなが笑顔になった時間でした。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

6月16日(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日もたくさんの絵本、紙芝居の世界を楽しみました。

絵本の中のくしゃみが…子どもたちにも移っていったり…
みんなで水を触っているように感じてみたり…
えぽんずさんの電車のリアルな音に合わせて
電車が動き出し…電車をみんなで作ってみよう〜!と
子どもたちは身体が動き出していました。

最後はみんな自分の好きな楽器を持って、
「おおきくなあれ」の掛け声に合わせて魔法をかけました!

少し肌寒い曇り雨な日でしたが、たくさんの親子が参加してくださいました!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

5/19(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。
今日は音楽いっぱいの1時間!


ギターやカズー、ピアノなどの生演奏に加えて、歌を歌ったり、
最後にはみんなで楽器を持って盛り上がったり、とても賑やかな回でした。


えぽんずさんが絵本の物語に合わせて歌う曲を聴きながら、マラカスを振る子、
足を上げて踊りだす子まで!
みんな楽器や歌が大好きなようで、子どもたちも大人も笑顔に◎


来月のえほんの会も楽しみです!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

本日4/21(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日は手遊び歌がたくさん登場!
ピアノの音に合わせて、からだをほぐしていきました。

絵本を使って、顔や声もほぐしました!
お殿様の笑い声は低く、「おっほっほ」
お母さんの笑い声は高く、「おっほっほ」
ゴリラの声は胸をたたきながら「うおっほっほ」
参加しているみんなでいろんな声を出してあそびました。
突然お殿様の笑い声をえぽんずさんにお願いされたお父さんも、
堂々としたいい声でした!

ライオンが登場する本では、
えぽんずさんが身体をたくさん使いながら、会場中をかけたり
寝転んだりして、お話の世界を広げてくれました。
そのお話に合わせてピアノが入ると、草原に風が吹いたようになり、
子どもたちもじっとその音に耳を傾けていました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/