本日、11/5(日)は「読んで遊んでえほんの会」でした!

からだを伸ばして大きくなったり、丸まって小さくなったり、
最初はからだを温めてからスタートしました。
今日もたくさんの本が登場したのですが、その中のいくつかをご紹介します。

まずは、「いったんもめん」という妖怪のお話。初めは少しこわいお話なのかと、
子どもたちは静かに聞いていましたが・・・途中からギターでいったんもめんの歌が入り、
賑やかで楽しいお話になりました。その曲に合わせてえぽんずさんとダンスを
する子もいました。
そして、なんと最後には、みんなの頭上をいったんもめんがヒラヒラと飛びまわったのでした!

みんなで「あぶくたった にえたった」と、物語に合わせて歌もうたってみました。
なかなか煮えない小豆がようやく煮えたときは、みんなも嬉しそうな顔に。
手にとった小豆をむしゃむしゃおいしそうに食べていました。

しめくくりには楽器を出して、またまた賑やかな歌と演奏で会場が盛り上がりました。
鈴やミニピアノ、笛など、好きな楽器を持ったら、「ワオ!」のかけ声でえぽんずさんと
音あそびをしました。0歳の赤ちゃんも、マラカスを持って楽しんでいました!


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation