本日10/14(土)は「読んで遊んでえほんの会」でした。

今日は寒かったので、まずはからだほぐしからスタート!
恐竜のように鳴いてみたり、ペンギンの動きを真似したりしました。
子どもから出た恐竜の鳴き声をみんなで真似して、会場中が恐竜だらけになりました。

今日は一冊の絵本が終わる度に、壁に立てかけている絵本を子どもたちが手に取り、
「次はこれ!」とえぽんずさんに渡してお願いしていました。
そして、えぽんずさんと一緒に絵本の登場人物になって動いてみると、
目をキラキラさせて楽しんでいる姿が印象的でした。
最初は子どもたちだけだったのですが、大人もどんどん入って大盛り上がり!
絵本を読み終わったときには、思わず歓声があがりました。

「楽器を使おう」と、えぽんずさんが声をかけると、
待ってましたとばかりにシェイカーやベルなど、お気に入りの楽器を選ぶ子どもたち。
絵本の語りに合わせて音で参加しました。
からだをいっぱい使って、終わったあとは汗をかいている子もいたくらい、
部屋中がポカポカになりました。


ぞうしがや こどもステーション
http://www.children-art.net/zoshigaya-ksta/ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation